ニュース

国内男子ゴルフ日本シリーズJTカップの最新ゴルフニュースをお届け

谷口徹「藤田を越えるのは俺しかいない!」

国内男子ツアー2012年の最終戦「ゴルフ日本シリーズJTカップ」で、逆転賞金王への可能性を残す谷口徹が、首位を走る賞金王獲得間近の藤田寛之に6打差の2位タイに浮上してきた。1番から3連続バーディのスタードダッシュを決めると、6番パー5でもバーディを奪った谷口。ところが、9番、10番と連続ボギーをたたき勢いを失った。

「あそこで雨まではいい感じだったのになぁ・・・」。突然の冷たい雨に多くの選手がペースを乱されたが、谷口も天候の変化には勝てなかった。しかし、13番でティショットを左サイドの斜面に打ち込んだが、4番アイアンでの2打目をピン手前6mに運びバーディを奪うと力強いガッツポーズが飛び出す。

通算9アンダー2位タイでホールアウトした谷口は、前日こそ口数が少なかったが、この日は笑顔でクラブハウスに引き上げてきた。

「昨日、武藤(俊憲)が余計なことを言ったろ。俺も武藤も藤田くんにかなわないから、2人合わせて戦えばって。俺は1人で戦うよ、差はあるけど、ゴルフは何が起こるかわからないからね。今日と同じようにバーディ先行で行きたいね。最終日が得意なんだと思いこんでやりたい」。

谷口が逆転優勝を果たしたとしても、藤田が16位以内に入れば藤田の賞金王が確定する。しかし、谷口には昨年、一昨年とこの大会で藤田に優勝を奪われており、この大会で勝つことに大きな意味を持っている。最終日は最終組で直接対決となるが、果たして6打差の逆転に向けた谷口の意地のゴルフが炸裂するか。(東京都稲城市/本橋英治)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2012年 ゴルフ日本シリーズJTカップ




特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。