2014/12/29ツアーギアトレンド

2014年PGATOURギアトレンド(5)ピン

ヒーススローカム、マーク・ウィルソン、ハンター・メイハン、ジェイソン・ゴア)が少なくとも1本のプロトタイプウェッジを実戦投入した。ルイ・ウーストハイゼンは「アルフレッド・ダンヒル・リンクス選手権」で2
2014/10/24PGAコラム

パーなら御の字?シーサイドの超難関ホール

ホールに選ばれた18番ホール。バーディの数は最も少なく(35)、逆にボギー以上は最も多かった(105)。 この大会では、ヒーススローカムが最終ホールでボギーを叩きながらも優勝。ロバート・アレンビーの
2014/11/03PGAコラム

「サンダーソンファームズ選手権」アラカルト

。ベックマンは6試合でいずれも決勝ラウンドに進めず、オースティンも4試合すべてで予選通過とならなかった。今シーズン連続出場している5名には、2005年大会覇者のヒーススローカムもいる
2015/05/07ギアニュース

話題の『アキュロックパター』がいよいよ上陸!

、今回、ダイヤコーポレーションが国内代理店として担う。すでに、米PGAツアーで活躍するヒーススローカム選手が使用中のモデル。無論、ゴルフ規則に適合している。 アキュロックパターが注目されるのには理由が
2014/11/09PGAコラム

「OHLクラシックatマヤコバ」アラカルト

シリーズ全6大会に出場している鉄人5選手が出場予定(ベン・ガーネット、ジェームス・ハーン、ジェフ・オバートン、ヒーススローカム、ニコラス・トンプソン)。 過去7大会中3大会でプレーオフにもつれ込んで
2014/10/26PGAコラム

「CIMBクラシック」アラカルト

ヒーススローカム、ブレンドン・デ・ヨングらだ。欧州ツアーは今週から、4大会から成るファイナルシリーズが始まるが、同ツアーを主戦場とするセルヒオ・ガルシア、ポール・ケーシーとリー・ウェストウッドはクアラルンプールでのプレーを選んだ。
2014/08/17ウィンダム選手権

ワトニーが首位浮上 石川は大崩れで67位

、ノーボギーの「65」で回り、通算14アンダーとした。2位には、1イーグル、3バーディで通算13アンダーまでスコアを伸ばしたブラッド・フリッチュ(カナダ)がつけている。 前日首位タイだったヒーススローカム
2014/08/18ウィンダム選手権

ビジェガスが4年ぶり復活V!石川は伸ばせず70位

フレディ・ヤコブソン(スウェーデン)とビル・ハース。さらに1打差の通算15アンダー4位にヒーススローカムが入った。単独首位からスタートしたニック・ワトニーは、ブラント・スネデカー、ウェブ・シンプソンと
2014/08/16ウィンダム選手権

石川遼、「62」で2打差7位に急浮上 松山、今田は予選落ち

5つスコアを伸ばしたスコット・ラングレーとヒーススローカム。通算9アンダーの3位には、ニック・ワトニー、アンドリュー・スボボダのほか、ブライアン・スチュアード、マーティン・レアード(スコットランド
2013/11/02PGAコラム

好相性? 中国で善戦のウィークリー

ミッションヒルズワールドカップ」に、アメリカ代表としてヒーススローカムと共に出場した。この大会前の記者会見でウィークリーは、中国について知っていることを聞かれ「僕は米が好きだね」と答えるなどジョークを連発したが、何も知ら
2013/08/26PGAコラム

ウッズ、背中にけいれんを起こしながら、2位で終える。

メートル強のバーディパットを外している。その日は、ウッズの後ろで回ったヒーススローカムが皆を驚かす6メートルのパットを沈めて、1打差で勝ったのだ。 今回、ウッズは優勝のチャンスすら無いように思われた
2014/02/10ツアーギアトレンド

「AT&Tペブルビーチ」でプロが使った道具

ヤード伸びたそうだ。ヒーススローカムはPINGのカーステンTR・Zingパターを使用し、ダニエル・チョプラはPINGの新i25ドライバーにオリジナルのPWR 65-Xシャフトを装着し使用した。
2013/08/21PGAコラム

パワーランキング/ザ・バークレイズ

By Rob Bolton, PGATOUR.COM Fantasy Columnist ヒーススローカムが「ザ・バークレイズ」を制した2009年に現行のフェデックスカッププレーオフ制度が始まり
2013/08/19PGAコラム

フェデックスポイント125位以内には誰も滑り込めず

プレーオフ出場を逃した。 2009年にリバティナショナルにて行われたザ・バークレイズを制したヒーススローカムも、初めてプレーオフ出場を逃した。リバティナショナルでは来週、スローカムが優勝した2009年以来
2013/02/08PGAコラム

AT&Tペブルビーチナショナルプロアマ初日 レビュー

けどやらなければいけないことがたくさん、明確にある。私はここでのラウンドを毎年とにかく楽しみにしているし、自分のキャリアのなかで、いつか優勝したいと思っているんだ」。 おまけ:ヒーススローカムが、昨年