2007/01/22プレーヤーズラウンジ

ツアープレーヤーたちの原動力<武藤俊憲>

2006年度の成長株のひとりといえば武藤俊憲だろう。5月のマンシングウェアオープンKSBカップでツアー初優勝をあげる前から、田中秀道や谷口徹らから高い評価を受けていたが、そのあともたびたび優勝争いに
2006/10/10フライズ・ドットコム・オープン

タイガーは出場見合わせ! 日本の4選手の活躍は!?

誓うフューリックのプレーからも目が離せない。 さらに日本の丸山茂樹、今田竜二、田中秀道、丸山大輔への期待も大きい。なかでも、昨年6位タイの丸山茂樹と8位タイに入った田中は、今大会と相性がいい。果たして上位入賞なるか!?
2006/10/14フライズ・ドットコム・オープン

丸山茂樹が暫定ながら5位タイ!暫定単独首位にはD.A.ポインツ

から浮上。続く暫定2位タイには、トッド・フィッシャー、トム・パーニスJR、アーロン・バデリータイの3人が、通算12アンダーとしている。 その他日本勢では、今田竜二が通算7アンダーの暫定36位タイ。丸山大輔が通算6アンダーの暫定53位タイ。また、田中秀道は残念ながら予選落ちに終わっている。
2006/10/27クライスラー選手権

B.ゲイが単独首位に立つ! 日本勢では丸山大輔が14位タイ

。ビジェイ・シン(フィジー)は、1アンダーの29位タイでホールアウト。 日本勢では、丸山大輔が1イーグル、2バーディ、2ボギーの2アンダーで14位タイ。これに1アンダーの29位タイで丸山茂樹が続いた。そのほか、今田竜二が1オーバーの63位タイ。田中秀道は大きく崩れ、7オーバーの129位と出遅れている。
2006/04/16ベライゾンヘリテージ

J.フューリックとA.バデリーが抜け出しトップを並走!田中秀道50位タイ、今田竜二は77位

11アンダーとしたビリー・メイフェア。また、4位タイには、この日6つスコアを伸ばしてきたアーニー・エルス(南アフリカ)らが、通算10アンダーで着けている。日本勢では田中秀道が通算イーブンパーの50位タイ。今田竜二は大きく崩れ、通算9アンダー77位で最終日を迎える。
2006/10/03クライスラークラシック of グリーンズボロ

タイガーら強豪不在の中、昨年2位の丸山茂樹に期待!

「サザンファームビューロクラシック」でジョー・デュラントとのプレーオフを制し、勝利を手中に収めたD.J.トレハンにも注目。果たして2週連続優勝なるか!? その他の日本勢では、今田竜二、丸山大輔、田中秀道の3人が出場。ツアーも終盤を迎えているだけに、何とか上位に食い込みたいところだ。
2006/10/17フナイクラシック at ザ・ウォルトディズニーWリゾート

ビジェイら強豪が出場! 日本から矢野東もスポット参戦!

デービス・ラブIIIなどの強豪選手が数多く参戦。彼らのプレーからも目が離せない。 日本勢では、丸山茂樹、今田竜二、田中秀道、丸山大輔ら米国ツアー組に加え、矢野東がスポット出場。若い矢野が海外の強者を相手にどんなプレーを見せるのか、期待は大きい。
2006/10/13フライズ・ドットコム・オープン

B.ツエーとS.フレッシュが首位! 日本の丸山茂樹は32位タイ

が4アンダーの32位タイと、まずまずのポジション。ところが丸山大輔はスコアを伸ばせず、イーブンパーの115位タイ。田中秀道もボギーが先行する苦しい展開でスコアを崩し、6オーバーの142位タイと出遅れている。