2006/09/26サザンファームビューロクラシック

強豪不在の中、若手や日本勢のプレーに期待!

掴んだ。 今年も賞金ランキング上位の選手達が参戦しない為、若手などにもチャンスは十分。日本の丸山茂樹、今田竜二、丸山大輔、田中秀道の4人の奮起にも期待がかかる。
2006/09/23バレロテキサスオープン

D.A.ポインツとE.アックスリーがトップに浮上! 日本勢3人も揃って予選突破!

は、丸山茂樹が2バーディ、5ボギーとスコアを3つ落とし、通算1アンダーの33位タイ。田中秀道は、3バーディ、ノーボギーでスコアを3つ伸ばして通算イーブンパーの50位タイへ浮上。丸山大輔も2バーディ、1ボギーでスコアを1つ伸ばし通算1オーバー、66位タイで予選突破を果たしている。
2006/09/22バレロテキサスオープン

J.ローズとA.チェイカが首位に並ぶ!丸山茂樹も7位タイと好発進!

ラウンドを見せた日本の丸山茂樹ら4人がひしめく混戦となっている。 その他の日本勢では、丸山大輔が3バーディ、5ボギーの2オーバーで99位タイ。田中秀道も3バーディ、4ボギー、1ダブルボギーと出入りの激しい内容になり、3オーバーの113位タイと出遅れている。
2006/09/19バレロテキサスオープン

日本勢4人の奮闘に期待!ニューヒーローは現われるのか!

18アンダーとし、見事勝利の栄冠を掴んだ。 今年の大会は、ロバート・ガメスが連覇を狙うなか、丸山茂樹や今田竜二、丸山大輔、田中秀道の4名の日本人選手が参戦。このところ活躍が目立たない日本勢だけに、奮闘に期待したい。
2006/09/09カナディアンオープン

今田竜二が首位と1打差の5位タイ!首位タイに4人が並び混戦に

伸ばして一気に浮上している。 その他、首位タイからスタートしたジム・フューリックとジャスティン・ローズ(イングランド)は、共に通算6アンダー。今田と並んで5位タイグループに一歩後退。また、田中秀道は、残念ながら予選落ちとなっている。
2006/09/03ドイツバンクUS選手権

一歩後退のタイガー。首位タイにはJ.ローズとR.アレンビー

(パラグアイ)が、通算2アンダーの11位タイに浮上している。 一方日本勢では、丸山茂樹が通算1オーバーの32位タイ、今田竜二が通算2オーバーの51位タイで予選通過を果たしている。田中秀道は、惜しくも予選通過はならなかった。
2006/02/03FBRオープン

P.ミケルソン、日本の田中秀道が暫定26位タイ発進!

、5バーディ、3ボギーと、やや出入りの激しいゴルフとなり、2アンダーの暫定26位タイで初日を終えた。 日本勢では、田中秀道が3バーディ、1ボギーの2アンダーで、同ポジションにつけたのが最高位。丸山茂樹は
2006/08/29ドイツバンクUS選手権

今週も強いタイガーがみられるのか!?日本勢3選手にも期待

選手権「ブリヂストンインビテーショナル」でプレーオフの末、優勝を飾ったタイガー・ウッズをはじめ、ビジェイ・シン(フィジー)らが参戦。今週も強豪勢が多数出場する。 日本勢では、前週の「リノ・タホオープン」で9位タイに食い込んだ丸山茂樹のほか、今田竜二、田中秀道が出場。上位進出、優勝に期待が集まる。
2006/08/01ビュイックオープン

「全英オープン」で涙の優勝を遂げたタイガーのプレーに注目!

メジャー「全英オープン」で涙の優勝を遂げたタイガーの活躍だろう。昨年2位タイに終わった雪辱も含めて、優勝に期待が集まる。 その他日本勢では、丸山大輔、今田竜二、田中秀道の3人が参戦。強豪ぞろいの大会で、どこまで上位進出できるか、期待したいところだ。
2006/07/29USバンク選手権

この日も暫定順位だが、C.ペイビンが単独首位を守る!日本勢は予選通過が厳しい状況

つけていた今田竜二が、第2ラウンドでは2つスコアを落として通算1アンダー、12ホールを終えた時点で一気に暫定79位タイに後退。丸山大輔も通算3オーバーとスコアを崩し暫定120位タイと、予選通過が厳しい状況となっている。なお、田中秀道は、第2ラウンドを9ホール消化した時点で棄権となった。
2006/01/17ボブホープ・クライスラークラシック

田中秀道、今田竜二が参戦!5日間という長い戦い制すのは

優勝を決めている。果たして今年2連覇なるか。 強豪勢では、フィル・ミケルソンやデービス・ラブIIIらが出場。2006年もやはり彼らのプレーからは目が離せない。 日本からは、田中秀道と今田竜二の2人が
2006/07/25USバンク選手権

日本勢3人の活躍に注目!強豪不在の中、丸山大輔初優勝なるか!

」を成し遂げた。 今年の大会は、過去優勝を遂げている丸山茂樹こそ参加しないものの、前週の「BCオープン」で6位タイに入った丸山大輔や、12位タイに入っている今田竜二が参戦。好調を維持しているだけに、初優勝の期待が高まる。また田中秀道も参戦を予定。日本人選手の活躍に期待が集まる大会となりそうだ。