2002/02/14

世界で活躍する日本選手たち

ダウン 丸山茂樹 71位 3ダウン 田中秀道 72位 2ダウン 手嶋多一 76位 2ダウン 尾崎将司 88位 3ダウン 宮本勝昌 109位 1ダウン 深堀圭一郎 116位 変わらず 横尾 要 125
2002/09/26

世界で活躍する日本人選手たち

アップ 谷口 徹67位4ダウン 佐藤信人107位2ダウン 中嶋常幸112位10アップ 尾崎将司120位30アップ 手嶋多一123位変わらず 宮本勝昌135位8ダウン 田中秀道138位8ダウン 久保谷健一
2003/05/15

世界で活躍する日本選手たち

―― 中嶋常幸92位↓1 佐藤信人115位↓6 藤田寛之123位↑2 田中秀道130位↓2 尾崎将司132位↑12 横尾要137位↑1 今野康晴153位↓1 宮瀬博文158位↑2 手嶋多一168位↓6
2002/11/21

世界で活躍する日本選手たち

↓1 片山晋呉 52位 ↓1 中嶋常幸 72位 ↑26 佐藤信人 106位 ↓1 田中秀道 109位 ↑15 尾崎将司 114位 ↓1 手嶋多一 134位 ↓2 宮本勝昌 135位 ↑2 藤田寛之
2001/06/21~全英への道~ミズノオープン

2度目のロイヤルリザムを狙う田中秀道が首位。

国内男子ツアー「~全英への道~ミズノオープン」が岡山県の瀬戸内海ゴルフ倶楽部で開幕した。初日6アンダーでトップに立ったのは6バーディ、ノーボギーの田中秀道と2イーグル、2バーディでまわった菅谷拓
1999/11/05アコムインターナショナル

川岸またも首位。久しぶり田中秀道

アコムインターナショナル2日目。前日上位が崩れていく中、川岸良兼・田中秀道が69で9アンダー首位に立った。トップスタートを切った小山内護と鈴木亨は6アンダー8位に後退。2位には66をマークした川原希
2002/12/19

世界で活躍する選手たち

↓2 伊沢利光 50位 ―― 中嶋常幸 73位 ―― 田中秀道 103位 ―― 佐藤信人 105位 ―― 尾崎将司 107位 ―― 横尾要 115位 ↑4 藤田寛之 124位 ↑1 宮本勝昌
2012/03/23

田中秀道がイベントに参加 来週のチャレンジで今季初戦

た。 イベントには、テーラーメイド契約プロの田中秀道と東尾理子がゲストとして登場。ショップで行えるフィッティングなどのサービス紹介を行ったほか、田中はショップ内に設置されたバーチャルゴルフブースで
2002/06/24キヤノン・グレーターハートフォードオープン

全米オープンの雪辱を果たし、ミケルソンが2年連続優勝!

ドルを得て、世界ナンバー2プレーヤーの貫禄を見せつけた。 期待された日本人選手の成績は、3日目に8アンダー5位タイグループに付けていた田中秀道が今日71の1オーバーで回り、通算7アンダー13位タイで
2002/06/13全米オープン

“10番スタート対策”と“調整”が目立った水曜日

感じさせない明るい表情だった。 日本人選手の動向にも多少の変化が見られた。昨日は丸山茂樹、横尾要、田中秀道、片山晋呉の4名がともにラウンドしたが、今日は丸山だけが午前中にスタート。午後になって横尾が1人
1999/03/18ダイドードリンコ静岡オープンゴルフトーナメント

首位は金鍾徳。田中秀道が6アンダーで追う!

奪ったのは金鍾徳。アウトからスタート、32・33で7アンダーをマークした。2位には田中秀道、奥田靖己、R.バックウェルが1打差で控えている。 6位には、東建ではジャンボに1打リードされおしくも優勝を
1999/03/18ダイドードリンコ静岡オープンゴルフトーナメント

首位は金鍾徳。田中秀道が6アンダーで追う!

奪ったのは金鍾徳。アウトからスタート、32・33で7アンダーをマークした。2位には田中秀道、奥田靖己、R.バックウェルが1打差で控えている。 6位には、東建ではジャンボに1打リードされおしくも優勝を
2003/02/20

世界で活躍する日本選手たち

位↓2 中嶋常幸75位↓3 佐藤信人108位↓2 藤田寛之114位↓4 尾崎将司117位↓5 横尾要120位↓2 田中秀道121位↓8 今野康晴143位↓4 宮本勝昌147位↓1 手嶋多一151位↓3
2003/01/16

世界で活躍する日本選手たち

↓1 中嶋常幸71位↑2 佐藤信人103位↓1 藤田寛之105位↑2 田中秀道106位↓3 尾崎将司109位―― 横尾要110位↑2 今野康晴127位↑3 手嶋多一133位↓8 宮本勝昌135位↓3
2011/12/22

GDO編集部が選ぶ 2011年国内男子ツアー10大ニュース

タイトルを手にしました。(当時)45歳の河井博大、35歳の小林正則、26歳の諸藤将次。不遇の時が長かった分、それぞれの想いが込められた感動的なドラマがありました。 【関連記事】 ・河井博大、先輩・田中