最近のニュース 新着一覧≫


2019/11/01樋口久子 三菱電機レディス

森田理香子が1回限りのキャディ「ゴルフは続けるつもり」

た。キャディバックを担ぐのは2013年の賞金女王・森田理香子。2人の関係は高校生だった2006年のナショナルチーム時代からだ。 キャディを務めることになったきっかけについて森田は「色んな角度からゴルフ
2019/10/31樋口久子 三菱電機レディス

森田理香子がキャディで参戦 一ノ瀬優希のバッグ担ぐ

◇国内女子◇樋口久子 三菱電機レディスゴルフトーナメント 事前(31日)◇武蔵丘GC(埼玉)◇6585yd(パー72) ツアー3勝の一ノ瀬優希は31日、今大会で2013年賞金女王の森田理香子
2018/10/30

アン・シネがセカンドQT出場 森田理香子は欠場

エイミー・コガ、セキ・ユウティン(中国)、D地区(福岡県・ザ・クイーンズヒルゴルフクラブ)は三浦桃香、堀奈津佳らが出場する。 ツアー通算7勝の森田理香子はエントリーしていたが、体調不良を理由に欠場となった。
2019/11/01樋口久子 三菱電機レディス

鈴木愛と蛭田みな美が首位発進 プロデビュー戦の古江彩佳43位

9位に賞金ランキング1位の申ジエ(韓国)、キム・ハヌル(同)、金田久美子、原英莉花、大山志保、葭葉ルミらがつけた。前年覇者ささきしょうこは2アンダー19位とした。 元賞金女王の森田理香子をキャディに
2019/09/20デサントレディース

ツアー記録11バーディで申ジエ首位 渋野日向子は8位

/2003/ダイキンオーキッドレディス 2R 諸見里しのぶ(アマ)/2005/中京テレビ・ブリヂストンレディス 1R 森田理香子/2010/IDC大塚家具レディス 3R キム・ヒョージュ(アマ)/2012/サントリーレディスオープン 4R 蛭田みな美/2019/CAT Ladies 3R
2018/06/16ニチレイレディス

森田理香子は予選落ち リランキング上位進出を逃す

◇国内女子◇ニチレイレディス 2日目(16日)◇袖ヶ浦CC新袖C◇6548yd(パー72) 今季のツアー出場権を持たない森田理香子は1バーディ、3ボギーの「74」とし、通算7オーバーの73位で予選
2019/07/29大東建託・いい部屋ネットレディス

河本結がリコーと所属契約「情熱の赤いパワーで頑張る」

「アクサレディスゴルフトーナメント in MIYAZAKI」で初優勝を遂げた。今季はすでに8度のトップ10入りをするなどし約5986万円を獲得、賞金ランキングは5位につける。 同社は2011年から森田理香子と所属契約を結んで
2019/06/02全米女子オープン

「全米女子オープン」日本人成績

すず夏(アマ) 予落 2014 横峯さくら 7位T森田理香子 35位T成田美寿々 55位T橋本千里(アマ) 68位渡邉彩香、有村智恵、上原彩子、吉田弓美子、宮里藍、穴井詩、宮里美香 予落 2013 宮里
2018/02/28ダイキンオーキッドレディス

森田理香子が「フォーリアブリランテ」とウェア契約

◇国内女子◇ダイキンオーキッドレディス 事前情報(27日)◇琉球GC(沖縄県)◇6558yd(パー72) 森田理香子が2月1日に「フォーリアブリランテ」とウェア契約を交わし、国内女子ツアー開幕戦
2018/12/31

GDO編集部が選ぶ 2018年ゴルフ10大ニュース(女子編)

比嘉が15年の本場所を観戦したことが交際のきっかけに。4位に入った8月の「全英女子オープン」では、海外メディアからも大きな関心が寄せられました。 8位 森田理香子がQTを欠場 ファンに謝罪 2013年
2017/11/19大王製紙エリエールレディス

シード復帰ならず 元女王・森田理香子はファンを支えに

臨んだ森田理香子は通算2アンダーの37位に終わり、元賞金女王の2年ぶりのシード復帰はかなわなかった。 今季は主催者推薦(最大8試合)を含む20試合をプレー。12試合で予選落ちを喫するなど、フル参戦1年目
2018/09/24ミヤギテレビ杯ダンロップ女子

小祝さくらが1位に浮上/女子第2回リランキング

彩乃(39) 36位/前田陽子(40) 37位/小野祐夢(38) 38位/諸見里しのぶ(29) 39位/松森彩夏(30) 40位/篠原まりあ(47) : 74位/セキ・ユウティン(136) 75位/森田理香子(67) 85位/アン・シネ(82) 88位/福嶋浩子(78) 100位/藤田光里(86)
2017/08/27ニトリレディス

申ジエが今季初優勝 森田理香子6位

の繰り上がりで出場した森田理香子は通算3アンダーの6位タイとし、2016年10月「富士通レディース」(6位タイ)以来となるトップ10フィニッシュ。賞金ランキング1位のキム・ハヌル(韓国)は通算6オーバーの40位、アン・シネ(韓国)は通算7オーバーの44位で終えた。