ニュース

国内女子アクサレディスゴルフトーナメント in MIYAZAKIの最新ゴルフニュースをお届け

トップ快走の森田理香子、キャディも太鼓判

2013年の国内女子ツアー3戦を終えて賞金ランキング1位、過去3戦で優勝、3位、2位とトップ3を外していない森田理香子が、今週も好調さを見せている。

大会前日のプロアマ戦をラウンドした森田は、「調子は悪くないです。特に良くもないですが」といつものマイペースぶりで受け流したが、ラウンド中はドライバーで確実にフェアウェイをとらえ、アイアンもピンに絡めるなど、安定感が印象的だった。

<< 下に続く >>

森田は言う。「今年は下を向かないようにしているんです」。たとえミスをしても、悔しそうなそぶりを見せずに、前を向く。「そうすると、すぐに気持ちが切り替えられる感じがする。だって、(前を向いたら)息が入ってくるじゃないですか」と笑顔。ポジティブな姿勢は周囲の評価も高いが、それだけでなく「周りが良く見えるようになりました」と、スイングの余裕と相まって、ラウンド中の精神面に好影響を与えているという。

今季ここまでの平均ストロークは、68.2で堂々の1位。もちろん、賞金女王獲得に期待する声も小さくない。「まだ4試合目ですからね」とはにかむ森田だが、「そう言われて悪い気はしない」と、徐々に貫禄も身につけてきている。

開幕から森田のキャディを務める梅原敦氏のコメントを紹介しよう。「このコースは4試合の中で一番理香子ちゃんに合っていると思いますよ。特にインコースは距離があるから、有利なんじゃないかな」。次週からはマスターズに出場する藤田寛之に合流するため、今週でいったんコンビは最終戦。同郷の京都出身コンビが、今週もトーナメントを沸かせてくれそうだ。(宮崎県宮崎市/今岡涼太)

関連リンク

2013年 アクサレディスゴルフトーナメント in MIYAZAKI



あなたにおすすめ

特集SPECIAL

やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!