最近のニュース 新着一覧≫


2021/05/24記録

「全米プロゴルフ選手権」日本人成績

2003 伊澤利光18T丸山茂樹48T片山晋呉、谷口徹予落 2002 丸山茂樹43T伊澤利光53T手嶋多一、谷口徹、片山晋呉予落 2001 片山晋呉4T丸山茂樹22T谷口徹、尾崎直道、田中秀道予落
2021/04/12マスターズ

「マスターズ」歴代日本人成績

T4片山晋呉 T40丸山茂樹 予落 2000 尾崎将司 T28丸山茂樹 T46尾崎直道 予落 1999 丸山茂樹 T31尾崎将司 予落 1998 尾崎将司 予落丸山茂樹…
2013/05/28全米シニアプロ選手権

尾崎直道キャディ~靖子の全米シニアプロ参戦記~最終回

、ティーチングプロとして再びゴルフに関わる事に。カリフォルニアとアリゾナのゴルフ場にクラブプロ/LPGAティーチングプロとして勤務。09年から、尾崎直道プロのキャディとしてアメリカチャンピオンズツアーに参加。12年
2021/06/21記録

「全米オープン」歴代優勝者&日本人成績

予落倉本昌弘 予落 オークモントCC 1993 L.ジャンセン 尾崎将司 33位倉本昌弘 予落 バルタスロールGC 1992 T.カイト 尾崎将司 23位尾崎直道 25位 ペブルビーチG…
2021/04/25

ゴルフきょうは何の日<4月25日>

上がりだったが、後続に3打差つけた堂々の単独首位発進を決めた。同組でプレーした尾崎直道は「全盛期みたいな感じだったね。どっしりして王者みたいなゴルフだった」と感嘆し、青木功からは「ジャンボ、おめでとう
2020/10/15

ゴルフきょうは何の日<10月15日>

2000年 尾崎直道が大会史上5人目となる2連覇を達成 千葉の鷹之台カンツリー倶楽部で行われた「日本オープン」。尾崎直道が初日から首位を守り切る完全優勝で大会史上5人目の2連覇を達成した。…
2021/01/24

ゴルフきょうは何の日<1月24日>

レギュラーツアー史上初のエージシュート達成と長きにわたって日本のゴルフ界をけん引してきた。 尾崎健夫(ジェット)、尾崎直道(ジョー)を加えた3兄弟でレギュラーツアー141勝。ジャンボ自身のツアー制以前などを
2013/05/24全米シニアオープン選手権

尾崎直道キャディ~靖子の全米シニアプロ参戦記~その3

再びゴルフに関わる事に。カリフォルニアとアリゾナのゴルフ場にクラブプロ/LPGAティーチングプロとして勤務。09年から、尾崎直道プロのキャディとしてアメリカチャンピオンズツアーに参加。12年、尾崎プロ
2013/05/24全米シニアプロ選手権

尾崎直道キャディ~靖子の全米シニアプロ参戦記~その2

として勤務。09年から、尾崎直道プロのキャディとしてアメリカチャンピオンズツアーに参加。12年、尾崎プロが試合の場を日本に移してから、キャディ業を遠のいていたものの、今回1年以上のブランクを経て、今大会
2021/04/12マスターズ

未勝利の歴史に終止符 日本人選手のメジャー挑戦歴

「全米オープン」では46歳で予選通過。シニア入り目前の16年も日本での地区予選を突破し同大会に出場した。 ■尾崎直道(出場27回) 米国に長く身を置いた“ジョー・オザキ”のメジャー最高位は、米ツアー
2013/05/23全米シニアプロ選手権

尾崎直道キャディ~靖子の全米シニアプロ参戦記~その1

初めまして!今回「全米シニアプロ選手権」で、尾崎直道プロのキャディをする事になりましたムーア靖子です。 尾崎プロが日本に戦いの場を移してからは、一年以上キャディをしておらず、暫くぶりのトーナメントに
2012/12/21

GDO編集部が選ぶ 2012年国内男子ツアー10大ニュース

氏が74歳で死去 ・杉原輝雄氏 告別式 近親者らが最後の別れ ■■■第8位■■■ <尾崎直道が2012年の賞金王を戴冠(シニアツアー)> 昨年まで米国チャンピオンズツアーを主戦場としていた尾崎直道<…
2013/05/25全米シニアプロ選手権

尾崎直道キャディ~靖子の全米シニアプロ参戦記~その4

こんばんは。本日2日目は、快晴でした! 尾崎直道プロのスタートが12:45と昼過ぎなのもあり、練習を始める時点では、半袖で大丈夫なほどでした。今日は何と言っても、風が北風から、また南の風に変わって
2010/02/22プレーヤーズラウンジ

ツアープレーヤーたちの飽くなき挑戦<尾崎直道>

まさに「マムシ」の異名を裏切らないタフネスぶりだ。尾崎直道、53歳。今年もまた、世界を飛び回る生活を選んだ。米シニアのチャンピオンズツアーに本格参戦したのは2006年。その前年の予選会Qスクールで
2013/05/26全米シニアプロ選手権

尾崎直道キャディ~靖子の全米シニアプロ参戦記~その5

アリゾナのゴルフ場にクラブプロ/LPGAティーチングプロとして勤務。09年から、尾崎直道プロのキャディとしてアメリカチャンピオンズツアーに参加。12年、尾崎プロが試合の場を日本に移してから、キャディ業を