ニュース

国内男子ブリヂストンオープンゴルフトーナメントの最新ゴルフニュースをお届け

壮絶なプレーオフを制し、尾崎直道がツアー30勝達成!

千葉県の袖ヶ浦カンツリー倶楽部で開催された、男子ツアー第23戦「ブリヂストンオープンゴルフトーナメント」の最終日。この3日間に比べ、最終日は風が強いコンディションとなったが、それでも上位陣はスコアを伸ばしていった。

17アンダーの首位でスタートしたオーストラリア出身のポール・シーハンは、前半を2バーディ2ボギーと伸び悩んでいた。

そんな中、猛然とチャージをかけてきたのが14アンダーの4位タイでスタートした尾崎直道だった。出だし1番、2番で連続バーディを取って波に乗ると、後半15番、16番でも連続バーディを奪って、順調にスコアを伸ばしていった。最終18番パー5では、イーグルを逃すも確実にバーディを奪い、21アンダーでフィニッシュ。

この時点で2位のシーハンとは2打差。ギャラリーも尾崎の優勝だと思い、おおいに沸いていた。

ところが最終組のシーハンが、18番で2オンに成功すると、下り6メーターのイーグルパットをねじ込み、勝負はプレーオフに持ち越された。

プレーオフ1ホール目の18番、尾崎は右のラフへ。シーハンは左の林に打ち込んだ。3打目でグリーン手前に載せたシーハンに対し、直道は3打め60ヤードのアプローチをピンハイ20センチにつけて、イージーバーディ。シーハンは、外せば負けという10メートル以上のバーディパットを執念で決め、再び18番のティグラウンドへ向かうことになった。

プレーオフ2ホール目は両者2オンに成功。イーグルパットを外すものの、尾崎が先にバーディを沈めた。一方、シーハンは返しの1.5メートルのバーディパットを外し、壮絶な試合の幕を閉じた。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2003年 ブリヂストンオープンゴルフトーナメント




特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
「GDOゴルフニュース速報アプリ」でログインしてレアグッズが当たるプレゼントキャンペーンを実施中!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。