2013/05/28全米シニアプロ選手権

尾崎直道キャディ~靖子の全米シニアプロ参戦記~最終回

、ティーチングプロとして再びゴルフに関わる事に。カリフォルニアとアリゾナのゴルフ場にクラブプロ/LPGAティーチングプロとして勤務。09年から、尾崎直道プロのキャディとしてアメリカチャンピオンズツアーに参加。12年
2020/01/01

国内男子ツアー 歴代賞金王

26 1999 尾崎直道 1億3764万1796円 3 22 1998 尾崎将司 1億7962万7400円 3 24 1997 尾崎将司 1億7084万7633円 5 19 1996 <…
2013/05/24全米シニアオープン選手権

尾崎直道キャディ~靖子の全米シニアプロ参戦記~その3

再びゴルフに関わる事に。カリフォルニアとアリゾナのゴルフ場にクラブプロ/LPGAティーチングプロとして勤務。09年から、尾崎直道プロのキャディとしてアメリカチャンピオンズツアーに参加。12年、尾崎プロ
2013/05/24全米シニアプロ選手権

尾崎直道キャディ~靖子の全米シニアプロ参戦記~その2

として勤務。09年から、尾崎直道プロのキャディとしてアメリカチャンピオンズツアーに参加。12年、尾崎プロが試合の場を日本に移してから、キャディ業を遠のいていたものの、今回1年以上のブランクを経て、今大会
2019/09/21GDOEYE

長尺・中尺パター 国内シニアメジャーでの使用率は

モデルは0.3から0.4%ほどだというから、エンジョイアマチュアの世界とはギャップがある。 長尺を使った19人のなかには中嶋常幸、尾崎健夫、尾崎直道、伊澤利光、井戸木鴻樹といった名選手も多い。腰痛の負担
2013/05/23全米シニアプロ選手権

尾崎直道キャディ~靖子の全米シニアプロ参戦記~その1

初めまして!今回「全米シニアプロ選手権」で、尾崎直道プロのキャディをする事になりましたムーア靖子です。 尾崎プロが日本に戦いの場を移してからは、一年以上キャディをしておらず、暫くぶりのトーナメントに
2012/12/21

GDO編集部が選ぶ 2012年国内男子ツアー10大ニュース

氏が74歳で死去 ・杉原輝雄氏 告別式 近親者らが最後の別れ ■■■第8位■■■ <尾崎直道が2012年の賞金王を戴冠(シニアツアー)> 昨年まで米国チャンピオンズツアーを主戦場としていた尾崎直道<…
2013/05/25全米シニアプロ選手権

尾崎直道キャディ~靖子の全米シニアプロ参戦記~その4

こんばんは。本日2日目は、快晴でした! 尾崎直道プロのスタートが12:45と昼過ぎなのもあり、練習を始める時点では、半袖で大丈夫なほどでした。今日は何と言っても、風が北風から、また南の風に変わって
2010/02/22プレーヤーズラウンジ

ツアープレーヤーたちの飽くなき挑戦<尾崎直道>

まさに「マムシ」の異名を裏切らないタフネスぶりだ。尾崎直道、53歳。今年もまた、世界を飛び回る生活を選んだ。米シニアのチャンピオンズツアーに本格参戦したのは2006年。その前年の予選会Qスクールで
2013/05/26全米シニアプロ選手権

尾崎直道キャディ~靖子の全米シニアプロ参戦記~その5

アリゾナのゴルフ場にクラブプロ/LPGAティーチングプロとして勤務。09年から、尾崎直道プロのキャディとしてアメリカチャンピオンズツアーに参加。12年、尾崎プロが試合の場を日本に移してから、キャディ業を
2019/10/26福岡シニアオープンゴルフトーナメント

白潟英純が首位発進 伊澤利光が2打差で追う

た白潟英純。6バーディ、1ボギーの「65」で回り、7アンダーの単独首位に立った。 6アンダーの2位に、プラヤド・マークセン(タイ)と齋藤義勝。5アンダーの4位に伊澤利光。3アンダーの5位に尾崎直道
2006/02/06プレーヤーズラウンジ

ツアープレーヤーたちの再挑戦<尾崎直道>

、上位7人という狭き門に食い込んで、出場権は取得済み。「いまから、ワクワクしている」と、尾崎直道は言う。 93年からの9年間を、USPGAツアーで戦った。最愛の家族と離れ、慣れない土地での転戦は楽しい
2017/11/29topics

真相究明!「マウスピースをつけると飛ぶ」は本当か?

「これ使うと飛ぶ」 疑惑の効果に迫る! いまから5年前に尾崎直道が「規則14-3.人工の機器と異常な携帯品、携帯品の異常使用」で失格となった“マウスピース事件”。自らホールアウト後に「これ使うと飛ぶ
2013/06/20日本ゴルフツアー選手権 Shishido Hills

ベテラン尾崎直道が3アンダーの好スタート

が51名と好スコアが続出した。 柔らかいグリーンの恩恵を受けたのは57歳の尾崎直道だった。2バーディ、2ボギーで前半を終えた尾崎は、11番、12番と連続バーディ、さらに14番、16番もスコアを伸ばして
1999/04/18つるやオープンゴルフトーナメント

尾崎直道、4日間首位の完全優勝

バーディ男の鈴木亨が激しく追い上げた。尾崎直道もちょっと崩れかかりそうだった。しかし15番、17番で勝利を決定的にするバーディ。結果的には鈴木に2ストロークの差をつけて4日間首位を譲らずの完全優勝