ニュース

国内男子日本オープンゴルフ選手権の最新ゴルフニュースをお届け

やった! 尾崎直道、68の快走!

2日目首位に上がった田中秀道はイーブンパーとして一歩後退。昨日までならこれでも首位をキープ可能だったはずだが、3日目は様子が違い、尾崎直道が68をマークして疾走した。これで1位と2位の差は3ストローク。今年はちょっと不景気だったジョー尾崎が久々に飛ばした。

尾崎直道は出だしこそボギーだったが2番ロングで会心のイーグル。以後も2つのロングでのバーディを含む4バーディ、1ボギー。「パー5で合計4つのバーディだからね。うまく攻め切ったと思うよ」 前半は前向きの気持ちで攻めた。後半になって周囲が落ちてきたのを見極めてからはパー狙いに切り換えた。このへんはベテランの味だ。
「3ストローク差。明日は是が非でも勝ちにいきたい。プレッシャーに負けないようにしないと」

田中秀道も中盤湿りがちだったが最終ホールでバーディをかざった。「納得のいけるプレーだったと思う。明日もいいイメージでプレーできる」
自分は喜怒哀楽が激しい性格という。「気分の浮き沈みをどれだけ抑えられるかが課題です」

若手が頑張っている。藤田寛之は今日2アンダー。「最初は、明日直道さんと一緒に回りたいなと思っていた。でも差がついてきたので、むしろ一緒よりは1~2組離れたところでの方がいいと思っています」

谷口徹も2アンダープレー。「この位置にいて優勝を狙わない人なんていませんよね。チャンスです。いかにパットを積極的に打てるかだと思います」 3打差は「それほどの差じゃない」と言う。

関連リンク

1998年 日本オープンゴルフ選手権




特集SPECIAL

最も読まれたトピックス記事ランキング
2018年上半期にGDOニュースにて最も読まれたトピックス記事をランキングしました
HIGHLIGHT ソン・ヨンハン
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~