2017/10/21マスターズGCレディース

上田桃子が今季2勝目に前進 畑岡奈紗は2差2位

◇国内女子◇NOBUTA GROUP マスターズGCレディース 3日目(21日)◇マスターズGC (兵庫)◇6507yd(パー72) 2打差の3位から出た上田桃子が6バーディ、1ボギーの「67」で
2018/09/06日本女子プロ選手権コニカミノルタ杯

「質問攻めにあった」原江里菜 初タッグの名参謀にタジタジ

」という噂を耳にすると、関係者を通じてオファーしたという。 イの前には上田桃子や谷口徹をサポートしてきた日本男女ツアーの“名参謀”は、初タッグといえど、遠慮はなし。「ひとつひとつのアクションに指導が入る」と
2018/04/22フジサンケイレディス

22歳の永峰咲希が初優勝 プレーオフで菊地絵理香を破る

。同ホールで菊地が2mのパーパットを外し、勝負が決した。 首位タイから出た上田桃子は「71」と伸ばせず、松森杏佳と並ぶ通算8アンダーの3位に終わった。 3アンダー10位から出た勝みなみは「67」で回り
2018/05/11ほけんの窓口レディース

鈴木愛が大会連覇へ首位発進 上田桃子ら1差2位

で単独首位。前半アウトに4バーディを集中して首位争いをリードし、自身初の連覇に向けて好発進を決めた。 3アンダーの2位タイに上田桃子、松田鈴英、サイ・ペイイン(台湾)、フェービー・ヤオ(台湾)前週の
2018/09/11世界ランキング

2カ月ぶり復帰の鈴木愛は25位に後退/女子世界ランク

。 以下の日本勢は、41位に比嘉真美子(1ランクアップ)、56位に成田美寿々(1ランクアップ)、65位に小祝さくら(7ランクアップ)、75位に上田桃子(変動なし)が続いた。 1位のパク・ソンヒョン(韓国
2018/08/21ニトリレディス

小祝さくらが地元でホステスV狙う 鈴木愛は7試合連続で欠場

ルーキー大里桃子らが名を連ねる。 注目は直近10試合でトップ10入り5度のホステスプロ・小祝さくら。昨年大会は予選落ちに終わったが、地元・北海道で初優勝をつかみたい。初日は上田桃子、比嘉真美子とインコース
2018/04/18フジサンケイレディス

賞金ランクトップ3が不在 名門・川奈を制するのは

狙う吉田は初日、イ・ミニョン(韓国)、上田桃子と同組でプレーする。5年ぶり3度目の優勝を狙う佐伯三貴ら歴代の王者もエントリーした。 直近全4試合でトップ20入りを果たすなど好調をキープしている葭葉ルミは
2018/08/15CATレディース

鈴木愛が右手首痛で欠場 2連覇中イ・ボミは復調なるか

。2015、16年の賞金女王は今季賞金ランク93位と低迷中だが、相性のいい舞台で復調のきっかけをつかみたい。初日は小祝さくら、菊地絵理香とアウトコースからティオフする。 14年大会覇者・上田桃子は13年優勝のアン・ソンジュ(韓国)と新垣比菜とともに初日のスタートを切る。
2018/08/08NEC軽井沢72

「全英」V争いの比嘉真美子が出場 初の連覇に挑む

・コガ、三ヶ島かな、原英莉花のルーキー、プロ2年目の新垣比菜、小祝さくら、勝みなみら若手たちも大会の盛り上げ役を担う。 ホステスプロはNEC所属の原江里菜。初日は上田桃子、前週の「北海道meijiカップ」でツアー2勝目をあげた福田真未とラウンドをともにする。
2017/06/09サントリーレディス

盟友・上田桃子は宮里藍と笑顔の“別れ”

◇国内女子◇サントリーレディスオープンゴルフトーナメント 2日目(9日)◇六甲国際GC(兵庫)◇6538yd(パー72) 米ツアーでしのぎを削った盟友同士が、節目の競演を終えた。宮里藍と上田桃子
2018/07/14サマンサタバサレディース

タイ合宿で課題の暑さ対策 有村智恵は復活Vへ2打差

方向に来てくれたらいい」という。 昨年11月で30歳になった。若手の台頭が目覚ましい中、昨季は同じく米ツアーから撤退した上田桃子が3季ぶりに復活優勝した。「やっぱり桃子さんのそういう姿を見ると嬉しい