2018/08/15CATレディース

鈴木愛が右手首痛で欠場 2連覇中イ・ボミは復調なるか

。2015、16年の賞金女王は今季賞金ランク93位と低迷中だが、相性のいい舞台で復調のきっかけをつかみたい。初日は小祝さくら、菊地絵理香とアウトコースからティオフする。 14年大会覇者・上田桃子は13年優勝のアン・ソンジュ(韓国)と新垣比菜とともに初日のスタートを切る。
2018/08/08NEC軽井沢72

「全英」V争いの比嘉真美子が出場 初の連覇に挑む

・コガ、三ヶ島かな、原英莉花のルーキー、プロ2年目の新垣比菜、小祝さくら、勝みなみら若手たちも大会の盛り上げ役を担う。 ホステスプロはNEC所属の原江里菜。初日は上田桃子、前週の「北海道meijiカップ」でツアー2勝目をあげた福田真未とラウンドをともにする。
2017/06/09サントリーレディス

盟友・上田桃子は宮里藍と笑顔の“別れ”

◇国内女子◇サントリーレディスオープンゴルフトーナメント 2日目(9日)◇六甲国際GC(兵庫)◇6538yd(パー72) 米ツアーでしのぎを削った盟友同士が、節目の競演を終えた。宮里藍と上田桃子
2018/07/14サマンサタバサレディース

タイ合宿で課題の暑さ対策 有村智恵は復活Vへ2打差

方向に来てくれたらいい」という。 昨年11月で30歳になった。若手の台頭が目覚ましい中、昨季は同じく米ツアーから撤退した上田桃子が3季ぶりに復活優勝した。「やっぱり桃子さんのそういう姿を見ると嬉しい
2018/07/09GDOEYE

将来はいい女将さんに? 勢と婚約の比嘉真美子

日本女子プロゴルフ協会と選手間の取りまとめ役となるプレーヤーズ委員長に就任した。上田桃子、木戸愛、鈴木愛ら10人の委員から推薦されての人事で、人望は厚い。長年、ゴルフで培ってきたマネジメント力も発揮できそうだ
2018/07/18センチュリー21レディス

女王不在で賞金レースに変化は? アン・シネが5月以来の出場

ツアーをメインで戦う予定の横峯さくらは、米ツアーのオープンウィークを利用して帰国参戦。5月中旬「ほけんの窓口レディース」以来のエントリーとなる。初日は上田桃子、永井花奈と同じグループに組み込まれた。 また
2018/07/25カストロールレディース

プロ12年目・横山倫子が首位発進/女子ステップ初日

」で回り、4アンダーの単独首位でスタートした。 横山は6月の「ルートインカップ 上田丸子グランヴィリオレディース」でプレーオフ敗戦の2位。同ツアーの賞金ランキングは37位。 3アンダーの2位は足立
2018/02/23ダイキンオーキッドレディス

イ・ボミは8億円目前 2018年に期待される女子ゴルフ記録

187試合目の出場となる開幕戦の優勝(2160万円)で決まる。8億円到達の最速記録は、2017年にアン・ソンジュが記録した175試合目。 生涯7億円は上田桃子があと約1100万円としており、同じく
2017/12/03ザ・クイーンズ

作戦変更で先陣 鈴木&上田の新旧女王ペアは圧勝

決定戦1試合目に出場した今季賞金女王の鈴木愛と2007年女王の上田桃子は、韓国ツアー賞金女王のイ・ジョンウンらを相手に3&2で完勝。日本チームの2年ぶりの優勝をけん引した。 出だしから持ち味を発揮した
2017/05/21中京テレビ・ブリヂストンレディス

遠のく勝利に引退も覚悟!上田桃子が涙の復活V

◇国内女子◇中京テレビ・ブリヂストンレディスオープン 最終日(21日)◇中京GC石野コース(愛知)◇6401yd(パー72) 上田桃子が3季ぶりの優勝を遂げた。1打差を追って出ると、8バーディ、1
2018/07/07ニッポンハムレディス

テレサ・ルーら首位 1打差に川岸、2打差に比嘉

目を目指す。 通算6アンダー4位に「66」でプレーした比嘉真美子、通算5アンダーの5位に成田美寿々が続いた。 酒井美紀、穴井詩らが4アンダーの6位タイ。首位から出た勝みなみは「75」と落とし、通算3アンダーの9位で今季4勝の鈴木愛、葭葉ルミ、上田桃子らと並んだ。
2017/06/01ヨネックスレディス

上田桃子がプロアマを1打で棄権 2試合連続Vに暗雲

◇国内女子◇ヨネックスレディスゴルフトーナメント 事前情報(1日)◇ヨネックスCC(新潟県)◇6423yd(パー72) 2週間前の「中京テレビ・ブリヂストンレディス」で3季ぶりの優勝を飾った上田桃子
2017/06/02ヨネックスレディス

上田桃子が1Rスタート前に欠場 背中痛改善せず

◇国内女子◇ヨネックスレディスゴルフトーナメント 初日(2日)◇ヨネックスCC(新潟)◇6423yd(パー72) 2週間前の「中京テレビ・ブリヂストンレディス」で3季ぶりの優勝を飾った上田桃子が、第
2018/06/26世界ランキング

畑岡奈紗が日本勢最上位に/女子世界ランキング

。 以下、日本勢は57位に比嘉真美子、64位に上田桃子、72位に野村敏京が続いている。 上位陣は1位の朴仁妃(韓国)、2位のアリヤ・ジュタヌガン(タイ)、3位のレキシー・トンプソン以下6位まで変動はなく、7位に韓国ツアーを制したチェ・ヘジン(韓国)が浮上している。
2017/05/20中京テレビ・ブリヂストンレディス

上田桃子は打ち切れるのか?3季ぶりVへ課題はグリーン上

◇国内女子◇中京テレビ・ブリヂストンレディスオープン 2日目(20日)◇中京GC石野コース(愛知)◇6401yd(パー72) 決まれば勝てる―。首位と1打差の通算9アンダー2位で最終日を迎える上田