ニュース

国内女子ワールドレディスチャンピオンシップサロンパスカップの最新ゴルフニュースをお届け

上田桃子「勝ちたい気持ちは封印」 悲願のメジャー初Vへ

2021/05/05 18:21


◇国内女子メジャー◇ワールドレディスサロンパスカップ 事前(5日)◇茨城GC東コース◇6630yd(パー72)

前週大会で2年ぶりのツアー優勝を挙げた上田桃子は、前日4日(火)に現地入りしてアウトの9ホールをプレー。この日はインの9ホールを回って調整した。

<< 下に続く >>

2005年のプロ転向から、これまで国内メジャー45試合に出場した34歳。2位2回と3位2回を含め、トップ10入りした大会は20試合。あと一歩のところで優勝をつかめずにきた。

「本当に自分も勝ちたいなと思いますし、これでも一歩ずつ近づいてきていると信じている。今まではどの大会でも勝ちたい気持ちだったけど、今は試合に合わせて準備できるようになった。試合始まってからは“勝ちたい”欲との戦いだと思う。最後は笑えるように、この4日間は勝ちたい気持ちを勝ちたいからこそ封印しておきたい」

メジャー大会ともあれば、コースのコンディションも普段よりは難しいものになる。「試合をやるうえで、たぶんトップと言ってもいいくらいコースは難しく仕上がっている」と高速グリーンも警戒した。

「正直、この試合は気合入りすぎて、試合前に公園とかでトレーニングをしすぎる傾向があった」と打ち明けた。19年大会頃からは意識的に休むように心掛けているとし、「なるべく脳も使わずに休むようにしています」と語った。

同コースで行われた前回19年大会を制した渋野日向子の優勝スコアは通算12アンダー。上田も「2ケタを目指して頑張っていきたい」と意気込んだ。(茨城県つくばみらい市/石井操)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2021年 ワールドレディスチャンピオンシップサロンパスカップ




特集SPECIAL

やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!6月のマンスリーゲストには石井理緒プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!