ニュース

米国男子ザ・プレジデンツカップの最新ゴルフニュースをお届け

2011年 ザ・プレジデンツカップ
期間:11/17〜11/20 ロイヤルメルボルンGC(オーストラリア)

米国選抜が7度目の優勝!遼はシングルスでB.ワトソンを下す

◇米国男子◇ザ・プレジデンツカップ最終日◇ロイヤルメルボルンGC(オーストラリア)◇6,397ヤード(パー71)◇ギャラリー数26,318

両チーム各12選手によるシングルスのマッチプレー12試合が行われ、6勝6敗で引き分けたが、米国選抜が4日間の合計ポイントで19―15として世界選抜を下し、4大会連続7度目の勝利を飾った。

3日目までに積み上げられた総合得点で4ポイントのビハインドを背負った世界選抜は、キム・キョンテ(韓国)が先陣を切った。第1組でウェブ・シンプソンを相手に7番までに3アップと優勢に試合を進めた。終盤16番でオールスクエアに持ち込まれたが、17番をバーディとして1アップで勝利。すると第2組のマスターズチャンピオン、チャール・シュワルツェル(南アフリカ)は2アンド1でダスティン・ジョンソンを下した。

さらに日本の石川遼は米国が誇る飛ばし屋バッバ・ワトソンと対戦。1番でいきなりバーディを奪われ1ダウンとなるが、2番から乱れたワトソンに対して安定したプレーで応戦。前半を3アップで折り返すと、13番で4メートルのバーディパットを沈めて4アップに。結局2ホールを残し、3アンド2で世界選抜にポイントをもたらした。

さらに地元豪州出身のジェフ・オギルビーは第4組で登場しビル・ハースを2アップで撃破。世界選抜のグレッグ・ノーマン主将の大逆転のシナリオは順調に進行していた。

ところが米国は第5組からハンター・メイハンジェイソン・デイ(オーストラリア)を5アンド3で、ニック・ワトニーチェ・キョンジュ(韓国)を3アンド2で下す。第7組のアダム・スコット(オーストラリア)はフィル・ミケルソンに対し14番までに4アップとする展開に持ち込み結局2アンド1で勝利し、レティーフ・グーセン(南アフリカ)もマット・クーチャーとの接戦を1アップで制したものの、米国のフレッド・カプルス主将が配置した終盤の4組、百戦錬磨の男たちが実力を発揮した。

ジム・フューリックアーニー・エルス(南アフリカ)を4アンド3で、9組のデビッド・トムズロバート・アレンビー(オーストラリア)を7アンド5で圧倒。そして続くタイガー・ウッズアーロン・バデリー(オーストラリア)に13番まで1ホールのアップも許さず、4アンド3で勝利。最終組のスティーブ・ストリッカーは韓国のY.E.ヤンを2アンド1で下し、完勝劇を締めくくった。

次回大会は2013年10月に米国オハイオ州のミュアフィールドビレッジGCで開催される。

おすすめ記事通知を受け取る

2011年 ザ・プレジデンツカップ




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。