最近のニュース 新着一覧≫


2019/07/01記録

「全英オープン」歴代優勝者&日本人成績

セントアンドリュース 1994 ニック・プライス 尾崎将司 38位渡辺司 51位友利勝良 51位中嶋常幸 55位飯合肇 60位合田洋 予落 ターンベリー 1993 グレッグノーマン 水巻善典 27
2019/12/10プレジデンツカップ

21年前のMVP 丸山茂樹が語る「プレジデンツカップ」展望

。世界選抜は挑戦者ですから、プレッシャーは、勝って当然と思われている米国の方が大きいはず。グレッグノーマンはいつも言っていました。『オレたちは挑戦者。アイツらをたたきつぶすんだ』とね」 エルスの
2019/10/16日本オープン

アダム・スコットが説くプロゴルファーの心構え

あることを忘れてはいけない。自分の力を信じて、決断することが大切。キャディに頼りすぎてはいけない」 ◆ファンとの接し方について 「僕にとっては小さい頃、グレッグノーマンがロールモデルだった。彼は
2019/08/15佐藤信人の視点~勝者と敗者~

スロープレーはデシャンボーだけの問題ではない

、ということばかりに焦点が当てられ、犯人捜しの様相を呈してしまっています。 そもそも米ツアーでは、ここまでスロープレーの問題を取り沙汰してこなかった過去があります。ジャック・ニクラス(米国)、グレッグ
2019/07/17全英オープン

ウッズ「全英での戦い方は理解している」

体力面も踏まえたスケジュール調整だと明かした。 ウッズが引き合いに出したのは、偉大なプレーヤーの過去の戦いぶり。08年(イングランド・ロイヤルバークデール)は、当時53歳のグレッグノーマン
2019/05/18GDOEYE

ニューヨーカーの激しい野次 それは強者の勲章か?

応戦したのは、ホワイトシャークことグレッグノーマン(オーストラリア)だ。同州開催の1986年「全米オープン」で、罵った観客を見つけて駐車場に呼びつけたという。また、しつこく標的にされたコリン
2019/04/07進藤大典ヤーデージブック

恐怖の3段グリーン オーガスタ9番は攻めすぎ注意

手前からの方がパーなどをセーブできる可能性が高いのです。 1996年、2位に6打差をつけて最終日にトップから出たグレッグノーマン(オーストラリア)は、ここから3連続ボギーをたたいてニック・ファルド(イングランド)にタイトルを譲りました。穏やかにバックナインを迎えるために、しっかりクリアしたいホールです。
2019/02/05ヨーロピアンツアー公式

「ISPS HANDAヴィックオープン」について知るべき5つのこと

に第1回大会が開催された。過去の大会王者には、世界ゴルフ殿堂入りメンバーのゲーリー・プレーヤー(1959年優勝)をはじめ、グレッグノーマン(1984年優勝)、そしてイアン・ベーカーフィンチ(1985
2018/04/18バレロテキサスオープン

ノーマン&ガルシアの設計コースに実力者が集結

◇米国男子◇バレロテキサスオープン 事前情報◇TPCサンアントニオ-AT&Tオークス(テキサス州)◇7435yd(パー72) 米ツアー「バレロテキサスオープン」は19日(木)に開幕する。グレッグ
2017/07/18旅する写心

「全英オープンの記憶」〜2008年グレッグ・ノーマン

これまでノーマンの メジャー優勝を逃したシーンを どれだけ見てきただろうか。 前回のロイヤルバークデール 2008年全英オープンの最終日を ノーマンは2打差のトップで迎えた。 最年長優勝がかかった
2017/04/04マスターズ

タイガー・ウッズの伝説的勝利から20年 1997年の当事者たち

た。 恐らく、その12カ月前に、ファルドがグレッグノーマンとの11打差を逆転したことを思い浮かべたであろう誰かが「なにを根拠に?」と問うた。すると、モンゴメリーは溜め息混じりに、「今、ここに入ってき
2018/07/09ゴルフ昔ばなし

セベ・バレステロスの記憶/ゴルフ昔ばなし

出身のグレッグノーマンは同世代の選手たちが活躍する中で、自分は出場できない対抗戦を見て、「プレジデンツカップ」(欧州を除く世界選抜と米国選抜の対抗戦)開催に、ゲーリー・プレーヤー(南アフリカ)とともに