ニュース

米国男子の最新ゴルフニュースをお届け

池田勇太が60位に上昇!遼は50位/男子ランキング

■ ワールドランキング(2011年度 第31週)

国内男子ツアー第10戦「サン・クロレラクラシック」で優勝した池田勇太が、世界ランキングポイント18点を獲得。前週78位と順位を落としていた池田は、最新の世界ランクで18ランクアップとなり60位に上昇。今週からのアメリカ2連戦(WGC、世界ゴルフ選手権 ブリヂストン インビテーショナル と PGA全米プロ選手権)で上位を狙う。日本人として最上位の石川遼は「サン・クロレラクラシック」で予選通過ラインに6打足りずに今シーズン3試合目の予選落ち。石川のランクは前週の49位から50位と1ランクダウンになっている。また今シーズンは日本ツアー、アジアンツアー、欧州ツアーと3つのツアーに参戦している平塚哲二の世界ランクは、前週比13ランクアップの83位。2週間後の全米プロ選手権の出場が濃厚となっている。

今週11週間ぶりにツアー競技に復帰するタイガー・ウッズの世界ランクは28位(7ランクダウン)。1996年秋にプロデビューしたタイガー・ウッズは、1997年の開幕戦で優勝して世界ランク33位から23位に上げてきていた。現在の28位というのは、1997年第1週以来の順位となる。

その他海外では欧州ツアー、アイルランドオープンで2年ぶりの優勝を挙げたサイモン・ダイソン(イングランド)が67位から48位に上昇。USPGAツアー、「グリーンブライヤークラシック」でツアー初優勝となったスコット・スターリングスは224位から119位と大きく順位を上げてきている。世界ランクトップ10以内では大きな変動なし。アイリッシュオープンで34位と低迷していたロリー・マキロイが、前週の4位から5位にランクダウン。代わってスティーブ・ストリッカーが4位に浮上している。

選手名/先週の試合結果/世界ランキング(前週比)
1位/ルーク・ドナルド(イングランド)/出場せず オープンウィーク/変動なし
2位/リー・ウェストウッド(イングランド)/出場せず オープンウィーク/変動なし
3位/マーティン・カイマー(ドイツ)/出場せず オープンウィーク/変動なし
4位/スティーブ・ストリッカー(アメリカ)/出場せず オープンウィーク/1ランクアップ
5位/ロリー・マキロイ(北アイルランド)/欧州ツアー: アイリッシュオープン 34位/1ランクダウン
6位/フィル・ミケルソン(アメリカ)/グリーンブライヤー クラシック 予選落ち/変動なし
7位/ダスティン・ジョンソン(アメリカ)/出場せず オープンウィーク/変動なし
8位/ジェイソン・デイ(オーストラリア)/出場せず オープンウィーク/1ランクアップ
9位/ニック・ワトニー(アメリカ)/出場せず オープンウィーク/2ランクアップ
10位/チャール・シュワルツェル(南アフリカ)/出場せず オープンウィーク/1ランクダウン


28位/タイガー・ウッズ(アメリカ)/出場せず オープンウィーク/7ランクダウン

★ 主な日本人選手は以下の通り

選手名/先週の試合結果/世界ランキング(前週比)
石川遼/サン・クロレラ クラシック 予選落ち/50位(1ランクダウン)
池田勇太/サン・クロレラ クラシック 優勝/60位(18ランクアップ)
藤田寛之/サン・クロレラ クラシック 15位/74位(1ランクダウン)
平塚哲二/サン・クロレラ クラシック 2位/83位(13ランクアップ)
谷口徹/サン・クロレラ クラシック 46位/116位(1ランクダウン)
松村道央/サン・クロレラ クラシック 予選落ち/134位(4ランクダウン)
小田孔明/サン・クロレラ クラシック 38位/144位(2ランクダウン)
片山晋呉/サン・クロレラ クラシック 19位/146位(1ランクアップ)
薗田峻輔/サン・クロレラ クラシック 46位/153位(3ランクダウン)
今田竜二/グリーンブライヤークラシック 57位/155位(2ランクダウン)
高山忠洋/サン・クロレラ クラシック 15位/165位(変動なし)
丸山大輔/サン・クロレラ クラシック 29位/181位(2ランクダウン)
近藤共弘/サン・クロレラ クラシック 11位/194位(2ランクアップ)
河井博大/サン・クロレラ クラシック 予選落ち/199位(変動なし)

■ USPGAツアー 賞金ランキング(賞金ランク対象45試合中 33試合終了)

FEDEXカップポイントレース(レギュラーシーズン)も残り4試合となってきたUSPGAツアー、第33戦目はウエストバージニア州で「グリーン ブライヤークラシック」が開かれた。優勝したのは26歳のツアールーキー、スコット・スターリングス。昨年下部(ネーションワイド)ツアーで28位と自動昇格はできなかったものの、最終予選下位から今年の出場権を獲得していたスターリングスが3人のプレーオフを制してツアー初優勝。優勝賞金108万ドルを獲得し、賞金ランク25位、FEDEXカップランク26位と大きく順位を上げている。

今田竜二は最終日にノーバーディの4オーバー、「74」とスコアを落としてしまい57位タイフィニッシュ。今田の賞金ランクは3つ下がり73位。 来週ジョージア州アトランタ開催の「PGA チャンピオンシップ(全米プロ選手権)」出場のポイントランキングは69位から73位に下がってしまい自動出場資格を確定させることはできなかった。このランキングで70位までの選手が出場権を獲得する。71位以下の選手は欠員が出ると繰り上がり出場できるシステムになっている。昨年は同ランク88位まで順番が下がってきているので今田の全米プロ出場可能性は高い。

ランク/選手名/試合数(優勝数)/賞金額/前週比
1位/ニック・ワトニー(アメリカ)/15試合(2勝)/4,189,233ドル/変動なし
2位/チェ・キョンジュ(韓国)/16試合(1勝)/3,694,242ドル/変動なし
3位/ルーク・ドナルド(イングランド)/12試合(1勝)/3,550,248ドル/変動なし
4位/スティーブ・ストリッカー(アメリカ)/13試合(2勝)/3,497,523ドル/変動なし
5位/フィル・ミケルソン(アメリカ)/15試合(1勝)/3,186,521ドル/変動なし
6位/バッバ・ワトソン(アメリカ)/16試合(2勝)/3,064,485ドル/変動なし
7位/デビット・トムズ(アメリカ)/15試合(1勝)/2,920,730ドル/変動なし
8位/マット・クーチャー(アメリカ)/17試合/2,878,861 ドル/変動なし
9位/ジェイソン・デイ(オーストラリア)/15試合/2,776,587ドル/変動なし
10位/マーク・ウィルソン(アメリカ)/19試合(2勝)/2,736,690ドル/変動なし


25位/スコット・スターリングス/21試合(1勝)/1,823,325ドル/69ランクアップ


73位/今田竜二/21試合/926,542ドル/3ランクダウン
109位/タイガー・ウッズ(アメリカ)/6試合/571,363ドル/2ランクダウン
184位/丸山茂樹/2試合/177,375ドル/1ランクダウン

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。