ニュース

国内男子の最新ゴルフニュースをお届け

倉本昌弘が国内男子ツアーの選手会長に復帰

選手会会長に復帰した倉本昌弘(中央)と副 選手会会長に復帰した倉本昌弘(中央)と副会長の石川遼(左)、宮里優作

日本ゴルフツアー機構(JGTO)の選手会は6日(金)、都内で2012年度の第1回理事会を開催し、今年度の選手会長に倉本昌弘を選出した。

JGTOが発足した1999年以来、13年ぶりに“職務復帰”する倉本は「(99年当初に)私が思い描いていたJGTOになっていない。JGTOのポテンシャルはもっと大きいはず。もっと高いところに持って行きたい」と意気込みを語った。

選手会サイドが問題視しているのが現在年間25試合で推移しているトーナメント数。「石川遼という素晴らしい逸材がいながらも、試合が増えていない。(JGTOの)営業努力というか、既存のやり方では増えない」と倉本は指摘。プロアマ戦の充実や、機構側との意思疎通の欠如の是正、中小規模でのトーナメントの実施など、選手の立場から改善を訴えた。

また、公益法人化を目指すことを改めて明言し、3月に刷新されるJGTOの副会長職を兼務しながら、ツアー改革に取り組む構え。「私が長くやるものでもない。若い人たちが育ってくれれば良いと思う」と後継者育成にも意欲をのぞかせた。

選手会の副会長としてこの日の会見に出席した宮里優作は「先輩から色々と勉強をして、若い選手ともコミュニケーションをとり、ツアー全体が盛り上がるように頑張りたい」とコメント。また、今季も同職を務める石川遼は「僕ら選手もトーナメントが増えてほしい気持ちが強い。そういう気持ちを前面に出していけたら」と話した。

倉本を中心とした新体制は、昨年12月末に死去した杉原輝雄氏について、日本プロゴルフ協会(PGA)と合同お別れ会を1月中に行う方針。また、1999年10月に飛行機事故のため急逝したペイン・スチュアートをしのんで行われた翌年の「全米オープン」の追悼式典の例に倣い、今年4月の開幕戦「東建ホームメイトカップ」では、第1ラウンドの前に複数の主要選手が同時にショットを放つ追悼セレモニーも計画している。

<2012年度ジャパンゴルフツアー選手会理事会役職>

◆理事職
【会長】倉本昌弘
【副会長】深堀圭一郎宮本勝昌横田真一近藤共弘宮里優作池田勇太石川遼
【理事】中嶋常幸桑原克典谷口徹藤田寛之丸山茂樹久保谷健一横尾要片山晋呉広田悟富田雅哉高山忠洋小平智B.ジョーンズS.K.ホ
◆監事
【監事】鈴木亨


特集SPECIAL

最も読まれたトピックス記事ランキング
2018年上半期にGDOニュースにて最も読まれたトピックス記事をランキングしました
HIGHLIGHT ソン・ヨンハン
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~