ニュース

米国男子全米プロゴルフ選手権の最新ゴルフニュースをお届け

2016年 全米プロゴルフ選手権
期間:07/28〜07/31 バルタスロールGC(ニュージャージー州)

ジミー・ウォーカーのメジャー初制覇 記録アラカルト

・ヨーロピアンツアー国際スケジュール30回目の出場にしてヨーロピアンツアー初優勝。

・公式世界ゴルフランキングは48位からトップ15位圏内へ浮上。

・今季のヨーロピアンツアーにおける初優勝選手はこれが10人目。今季はこれまで、ネイサン・ホルマン(オーストリアPGA選手権)、マーク・レイシュマン(ネッドバンクゴルフチャレンジ)、ブランドン・ストーン(BMW南アフリカオープン)、ヘイドン・ポルテウス(ヨハネスブルグオープン)、アンドリュー・ジョンストン(スペインオープン)、イ・スミン(深センインターナショナル)、リー・ハオトン(ボルボ中国オープン)、ワン・ジョンフン(ハッサンIIトロフィー)、チャン・シチャン(キングスカップ)、そしてジミー・ウォーカー(全米プロゴルフ選手権)がヨーロピアンツアー初優勝を遂げた。

・同週開催の「キングスカップ」を制したチャン・シチャンに続く、2大会連続の初優勝者によるヨーロピアンツアー制覇。

・この勝利により、ウォーカーは2016年の「WGCキャデラック選手権」で記録したヨーロピアンツアー自己最高の6位を更新。

・メジャー18回目の出場での初制覇。

・この勝利により、ウォーカーは2014年の「全米プロゴルフ選手権」で記録したメジャー自己最高の7位タイを更新。

・「全米プロゴルフ選手権」は6度目の出場で初優勝を達成。

・今回のウォーカーの勝利により、今季のメジャー4大会はすべて初優勝者の手に。今季はダニー・ウィレットが「マスターズ」を、ダスティン・ジョンソンが「全米オープン」を、ヘンリック・ステンソンが「全英オープン」を、そしてジミー・ウォーカーが「全米プロゴルフ選手権」を制覇。

・その年のメジャー4大会すべてでメジャー初優勝者が誕生したのは、今年が史上5回目。これまでは1959年、1969年、2003年、そして2011年に4人のメジャー初優勝者が揃い踏みしている。
<1959年>アート・ウォール(マスターズ)、ビリー・キャスパー(全米オープン)、ゲーリー・プレーヤー(全英オープン)、ボブ・ロスバーグ(全米プロゴルフ選手権)
<1969年>ジョージ・アーチャー(マスターズ)、オービル・ムーディ(全米オープン)、トニー・ジャクリン(全英オープン)、レイ・フロイド(全米プロゴルフ選手権)
<2003年>マイク・ウェア(マスターズ)、ジム・フューリック(全米オープン)、ベン・カーティス(全英オープン)、ショーン・マイケル(全米プロゴルフ選手権)
<2011年>シャール・シュワルツェル(マスターズ)、ロリー・マキロイ(全米オープン)、ダレン・クラーク(全英オープン)、キーガン・ブラッドリー(全米プロゴルフ選手権)

・2016年のメジャーで優勝した米国人選手は、今回のウォーカーが「全米オープン」を制したダスティン・ジョンソンに続く2人目。

・ウォーカーが首位に立ってメジャーの決勝ラウンドを迎えたのは今回が初めて。彼は54ホール終了時点で1打差の単独首位に立っていた(ウォーカーによる54ホール終了時点での「199」は史上3位タイのスコアだった)。

・ウォーカーによる「266(通算14アンダー)」という72ホールの優勝スコア(ストローク数)は、「全米プロゴルフ選手権」史上、2001年大会を「265」で制したデビッド・トムズに次ぐ2番目に少ないスコア。

・今季ヨーロピアンツアーで最終日を首位で迎えた選手がそのまま優勝を飾ったのはこれが19回目であり、「BMWインターナショナルオープン」を制したヘンリック・ステンソン以来、6大会連続。

・「全米プロゴルフ選手権」がストロークプレーになった1958年以来、ワイヤー・トゥ・ワイヤーで大会を制したのは今回のウォーカーが8人目。直近では、今回と同じくバルタスロールで開催された2005年大会で、フィル・ミケルソンが完全優勝を遂げていた。

・今回のウォーカー以外で、ワイヤー・トゥ・ワイヤー(完全優勝)で「全米プロゴルフ選手権」を制覇したのは、ボビー・ニコルズ(1964年)、レイ・フロイド(1969年と1982年)、ジャック・ニクラス(1971年)、ハル・サットン(1983年)、タイガー・ウッズ(2000年)、そしてフィル・ミケルソン(2005年)の7人。

ジェイソン・ダフナー(2013年)以来となる米国人選手による「全米プロゴルフ選手権」制覇。

・前回「全米プロゴルフ選手権」がバルタスロールで開催され、フィル・ミケルソンが優勝した2005年大会以来、米国勢ではタイガー・ウッズ(2006年、2007年)、キーガン・ブラッドリー(2011年)、ジェイソン・ダフナー(2013年)、そして今回のジミー・ウォーカー(2016年)が年間最後のメジャーを制覇。

・2009年大会以来、「全米プロゴルフ選手権」でメジャー初優勝者が出たのは今回が6回目。2009年はY.E.ヤン、2010年はマルティン・カイマー、2011年はキーガン・ブラッドリー、2013年はジェイソン・ダフナー、2015年はジェイソン・デイ、そして2016年はウォーカーがメジャー初制覇を遂げた。

・2016年シーズンのヨーロピアンツアーでワイヤー・トゥ・ワイヤー優勝を飾ったのは、今回のウォーカーがイ・スミン(深センインターナショナル)に続く2人目。

・メジャーにおけるワイヤー・トゥ・ワイヤー優勝は、2015年に「マスターズ」を制したジョーダン・スピース以来。

・ヨーロピアンツアー史上、米国勢による206度目の勝利。

・2016年シーズンのヨーロピアンツアーにおける3度目の米国勢による勝利。今季はリッキー・ファウラー(アブダビHSBCゴルフ選手権)、ダスティン・ジョンソン(全米オープン)、そしてジミー・ウォーカー(全米プロゴルフ選手権)がヨーロピアンツアーで優勝を飾っている。

・ウォーカーは「全米プロゴルフ選手権」の生涯シード権を獲得した他、「マスターズ」、「全米オープン」、そして「全英オープン」の5年シードを獲得。

・プロ通算9勝目。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2016年 全米プロゴルフ選手権




特集

全米オープン
2019年のメジャー第4戦「全英オープン」は18日(木)に開幕する。
2019年上半期 最も読まれたトピックス記事ランキング
2019年上半期に最も読まれたトピックス記事をランキングにしました!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。