2016/04/25深センインターナショナル

李首民がツアー初優勝!月曜決戦を制す

ホールを残して3人が並ぶ暫定首位にいた首民(韓国)が、16番(パー3)をバーディとしたあと、17番(パー5)でイーグルを奪取。「71」でまとめて通算16アンダーとし、後続に2打差をつけてツアー初優勝を
2017/04/18ヨーロピアンツアー公式

知っ得!「深センインターナショナル」の大会アラカルト

昨年大会、見事なパフォーマンスで一躍ヨーロピアンツアーのシーンに、その名を轟かせたスミン。大会を通して厳しいコンディションを克服し、オランダのユースト・ラウテンと南アフリカのブランドン・ストーン
2017/04/19深センインターナショナル

戦いの舞台は中国へ B.ワトソンが3年連続出場

にわたるチャイナシリーズの初戦は、今年で3回目の開催を迎える。 悪天候が続いてマンデーフィニッシュにもつれ込んだ前年大会は、当時22歳のスミン(韓国)が接戦を制し、ツアー初優勝を飾った。 今大会の
2017/04/29ヨーロピアンツアー公式

ララサバルが中国で単独首位に浮上

回った韓国の・スミンとベルギーのトーマス・デトリーがつけており、通算8アンダーには南アフリカのジョージ・クッツェーがつけている。 5番、6番、そしてチップショットの美技を見せた8番でバーディを奪うなど
2017/01/25コマーシャルバンク・カタールマスターズ

カタールで中東シリーズ第2戦 好調ノレン、序盤の戦いに注目

。前週のデザートスイング初戦を制したトミー・フリートウッド(イングランド)、昨季4勝と好調で前週を13位で終えたアレックス・ノレン(スウェーデン)が大会初制覇を狙う。 アジアからはワン・ジョンフン、スミンの韓国勢、中国の昊桐(リー・ハオトン)といった若手の注目株が出場する。
2016/12/11ヨーロピアンツアー公式

香港の戦いはカブレラベローが追いつかれる展開に

ラウンドし、さらに1打差にはポール・ダン、ダニエル・イム、トンチャイ・ジェイディー、スミン、エドアルド・モリナリ、そしてジェイソン・スクリブナーが続いている。
2016/12/22ヨーロピアンツアー公式

2016年ヨーロピアンツアーで学んだ10のコト(前編)

ツアーは、アジアで最もホットな若き才能が、その登場を高らかに宣言した1年でもあった。スミン、リー・ハオトン、そしてワン・ジョンフンが4週連続で優勝し、ヨーロピアンツアー史上初となるアジア勢による4
2016/11/16ヨーロピアンツアー公式

DPワールドツアー選手権の知っておくべきアラカルト

ランキング下方には、今季のサー・ヘンリー・コットン年間最優秀新人賞に最も近い位置につけるワン・ジョンフンが名を連ねている。フィールドには、同じく新人賞を狙う昊桐、スミン、ブランドン・ストーン
2017/02/10ヨーロピアンツアー公式

「63」のウォーレンがマレーシアで首位発進

。シームもノーボギーでホールアウトし、ブラーは1ボギー、そして「UBS香港オープン」王者のブラゼルは2ボギーの初日となった。 5アンダーにはデンマークのラッセ・イェンセンと韓国の・スミンがつけており、その
2016/10/31ヨーロピアンツアー公式

松山英樹の勝利が意味する事実

・レイシュマン(ネッドバンクゴルフチャレンジ)、ブランドン・ストーン(BMW南アフリカオープン)、ヘイドン・ポルテウス(ヨハネスブルグオープン)、アンドリュー・ジョンストン(スペインオープン)、スミン
2016/09/12ヨーロピアンツアー公式

ラウテンがザ・ダッチで2度目の母国制覇

し、一方、カニサレスは「68」をマークした。 通算11アンダーの8位タイにはイングランドのクリス・ハンソンとフランスのミシェル・ロレンゾベラが入り、更に1打後方にはトミー・フリートウッド、スコット・ジェイミソン、サイモン・カーン、ミッコ・コルホネン、スミン、そしてブランドン・ストーンが続いた。
2016/06/01アジアンツアー公式

アジアンツアー通信/2016年6月号

「アジアの勃興」by アジアン ツアーコミッショナー・チラハン ワン・ジョンフン、スミン昊桐。彼らの名前を覚えておくことだ。 アニルバン・ラヒリやキラデク・アフィバーンラトが今や世界でも有名
2016/08/01ヨーロピアンツアー公式

ジミー・ウォーカーのメジャー初制覇 記録アラカルト

(ヨハネスブルグオープン)、アンドリュー・ジョンストン(スペインオープン)、スミン(深センインターナショナル)、リー・ハオトン(ボルボ中国オープン)、ワン・ジョンフン(ハッサンIIトロフィー
2016/04/23深センインターナショナル

シンクィンが「62」で3日連続サスペの間隙を突く急浮上

た。暫定首位は、第2ラウンド終了時点で通算13アンダーの単独首位だったスミン(韓国)。第3ラウンドは11ホールまでプレーを終え、1バーディノーボギーで通算14アンダーとしている。 第3ラウンドを
2016/04/23深センインターナショナル

2日連続サスペで大幅遅れ 35人が第2Rスタートできず

プレーが中断。このため35選手は第2ラウンドをスタートできないまま日没で2日目を終えた。 第2ラウンドを終了した選手の中では、第1ラウンドで6アンダー首位タイのスミン(韓国)が2日連続のノーボギー
2016/04/24ヨーロピアンツアー公式

差は詰まるもイ・スミンが深センで首位をキープ

日没サスペンデッドとなった「深センインターナショナル」3日目は、見事「62」でラウンドしたカラム・シンクィンが首位との差を2打差に縮め、クラブハウスターゲットを設定して前日首位のスミン