ニュース

国内、アメリカ、ヨーロッパの最新ゴルフニュースが満載!

L.ドナルドがトップ快走 遼は46位/男子世界ランキング

●ワールドランキング(2011年度 第43週)

世界ランクナンバーワンのルーク・ドナルドがPGAツアーの最終戦で優勝を飾り逆転賞金王に輝いた。最終日に6連続バーディを含む「64」で優勝したドナルドは世界ランキングポイント32点を獲得。今シーズンはこれで合計500.6点という驚異的な数字を挙げ、第22週(5月)からトップの座をキープしている。

日本ツアー第20戦「ブリヂストンオープン」で勝利を挙げた谷口徹は前週比31ランクアップを果たし世界ランク93位に上昇。日本人選手として最上位の石川遼は23位フィニッシュに終わり、獲得した世界ランキングポイントは僅かな1.23点のみだったが、前週比1ランクアップの46位と順位を上げる事に成功している。

地元スペインで凱旋優勝を果たしたセルヒオ・ガルシアは49位から31位にランクアップ。 現行のメジャー連続出場記録50試合のガルシアは今年の全米オープンで7位フィニッシュとなり来季のマスターズの出場権を既に獲得している。

PGAツアーの賞金王は逃がしてしまったが今シーズン大ブレークし634万ドルを稼いだウェブ・シンプソンは自己ベストとなる世界ランク10位に上昇。シンプソンの昨年末ランクは213位だった。

選手名/先週の試合結果/世界ランキング(前週比)

1位/ルーク・ドナルド(イングランド)/CMNHクラシック 優勝/変動なし
2位/リー・ウェストウッド(イングランド)/出場せず オープンウィーク/変動なし
3位/ローリー・マッキロイ(北アイルランド)/出場せず オープンウィーク/変動なし
4位/スティーブ・ストリッカー(アメリカ)/出場せず オープンウィーク/変動なし
5位/ダスティン・ジョンソン(アメリカ)/出場せず オープンウィーク/変動なし
6位/マーティン・カイマー(ドイツ)/出場せず オープンウィーク/変動なし
7位/ジェイソン・デイ(オーストラリア)/出場せず オープンウィーク/変動なし
8位/アダム・スコット(オーストラリア)/出場せず オープンウィーク/変動なし
9位/マット・クーチャー(アメリカ)/出場せず オープンウィーク/変動なし
10位/ウェブ・シンプソン(アメリカ)/CMNHクラシック 6位/2ランクアップ


55位/タイガー・ウッズ(アメリカ)/出場せず オープンウィーク/変動なし

★ 主な日本人選手は以下の通り
選手名/先週の試合結果/世界ランキング(前週比)
石川遼/ブリヂストンオープン ゴルフトーナメント 23位/46位(1ランクアップ)
池田勇太/ブリヂストンオープン ゴルフトーナメント 予選落ち/70位(2ランクダウン)
平塚哲二/ブリヂストンオープン ゴルフトーナメント 39位/75位(2ランクアップ)
谷口徹/ブリヂストンオープン ゴルフトーナメント 優勝/93位(31ランクアップ)
藤田寛之/ブリヂストンオープン ゴルフトーナメント 39位/96位(9ランクダウン)
小田孔明/ブリヂストンオープン ゴルフトーナメント 2位/117位(12ランクアップ)
片山晋呉/ブリヂストンオープン ゴルフトーナメント 2位/120位(16ランクアップ)
近藤共弘/ブリヂストンオープン ゴルフトーナメント 10位/121位(2ランクアップ)
松村道央/ブリヂストンオープン ゴルフトーナメント 2位/128位(12ランクアップ)
久保谷健一/ブリヂストンオープン ゴルフトーナメント 15位/147位(4ランクアップ)
高山忠洋/ブリヂストンオープン ゴルフトーナメント 50位/170位(5ランクダウン)
河井博大/ブリヂストンオープン ゴルフトーナメント 2位/184位(47ランクアップ)
今田竜二/CMNHクラシック 28位/196位(4ランクダウン)
宮本勝昌/ブリヂストンオープン ゴルフトーナメント 10位/200位(15ランクアップ)

●USPGAツアー 最終賞金ランキング - 賞金ランク対象全試合(45試合)終了

USPGAツアー最終戦「チルドレンズ ミラクルネットワーク ホスピタルス クラシック」はサンデーバックナインで6連続バーディと猛チャージを見せたルーク・ドナルドが通算17アンダーまでスコアを伸ばし鮮やかな逆転優勝。優勝賞金84万6000ドルを加算したドナルドは前週賞金ランク1位だったウェブ・シンプソンを抜いて逆転賞金王に輝いている。ドナルドは欧州ツアーでも現在ランクトップとなっていてこのままトップの座をキープできると史上初の欧米両ツアー賞金王を達成することになる。

今田竜二はフォールシリーズで3試合連続の予選落ちが続いていたが、最終戦はギリギリで予選を通過。週末にスコアを伸ばし順位を上げた今田は通算8アンダー、28位で競技を終了。29,296ドルの賞金を加算した今田は2011年シーズン賞金ランク90位で終了。2004年に下部ツアーから昇格した今田はこれで7年連続賞金ランク125位以内の翌年フルシード権をキープすることに成功している。ちなみにこれまでの最高賞金ランクは優勝を挙げた2008年シーズンで、302万ドルを稼ぎだし賞金ランクは13位だった。

USPGAツアーは今週マレーシアで「CIMB アジアパシフィック クラシックマレーシア」、来週は中国・上海で「WGC世界ゴルフ選手権 HSBCチャンピオンズ」が行われるがこれらの大会はツアー公認の賞金ランク加算対象外試合という扱いのトーナメントになる。

賞金ランク/選手名/試合数(優勝数)/賞金額/前週比

賞金王1位/ルーク・ドナルド(イングランド)/19試合(2勝)/6,683,214ドル/1ランクアップ
2位/ウェブ・シンプソン(アメリカ)/26試合(2勝)/6,347,353ドル/1ランクダウン
3位/ニック・ワトニー(アメリカ)/22試合(2勝)/5,290,673ドル/変動なし
4位/チェ・キョンジュ(韓国)/22試合(1勝)/4,434,691ドル/変動なし
5位/ダスティン・ジョンソン(アメリカ)/21試合(1勝)/4,309,961ドル/変動なし
6位/マット・クーチャー(アメリカ)/24試合/4,233,920ドル/変動なし
7位/ビル・ハース(アメリカ)/26試合(1勝)/4,088,637ドル/変動なし
8位/スティーブ・ストリッカー(アメリカ)/19試合(2勝)/3,992,785ドル/変動なし
9位/ジェイソン・デイ(オーストラリア)/21試合/3,962,647ドル/変動なし
10位/デビット・トムズ(アメリカ)/23試合(1勝)/3,858,090ドル/変動なし


90位/今田竜二/29試合/990,319ドル/変動なし


128位/タイガー・ウッズ(アメリカ)/9試合/660,238ドル/7ランクダウン
198位/丸山茂樹/2試合/177,375ドル/4ランクダウン

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク




今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。