ニュース

国内男子レオパレス21ミャンマーオープンの最新ゴルフニュースをお届け

2年目のミャンマー大会 池田勇太ら日本勢は輝けるか?

◇国内男子&アジア共同主管◇レオパレス21ミャンマーオープン 事前情報◇パンラインGC(ミャンマー)

国内男子ツアーの17年シーズン第2戦は、インドシナ半島西部にあるミャンマー連邦共和国がその舞台。1996年創設のナショナルオープンは、レオパレス21を冠スポンサーに迎えて2年目となる今年、会場をパンラインGCへと変更した。出場するのは、アジアンツアーと日本ツアーのそれぞれ60人に加え、ミャンマーゴルフ協会枠などで権利を得た計150人だ。

別のコースで行われた昨年大会は、3日目に「61」のビッグスコアをマークしたショーン・ノリス(南アフリカ)が、7打差の首位から出て悠々と逃げ切りV。4打差の2位に矢野東朴ジュンウォン(韓国)の2人が続いた。

大会連覇を目指すノリスに挑む日本勢は、昨年に続いて出場の賞金王・池田勇太を筆頭にトップ選手が揃った。ハワイで行われたソニーオープンから3週連続出場となる小平智谷原秀人のほか、前週のシンガポールで上位争いをしたQT1位通過の20歳・星野陸也も連戦。また、レオパレス21と所属契約を結ぶ今平周吾は、昨年大会をけがで欠場したために、今年初めてホストプロとしての責務に挑む。

【主な出場予定選手】ショーン・ノリス池田勇太伊澤利光今平周吾小田孔明片岡大育亀代順哉川村昌弘キム・キョンテ小平智ソン・ヨンハン谷原秀人平塚哲二星野陸也丸山大輔宮里優作プラヤド・マークセンパチャラ・コンワットマイ

関連リンク

2017年 レオパレス21ミャンマーオープン

GDOゴルフ速報アプリ

松山英樹や石川遼の活躍をiPhoneへお届け【GDOゴルフ速報アプリ】
注目度が高まっている米PGAツアーや、国内男女ツアーなどの試合速報をいち早くあなたのiPhoneへお届けします。
● 各ツアーの速報をiPhoneへ配信!
● 見やすいフォントサイズに変更できます!



特集SPECIAL

最も読まれたトピックス記事ランキング
2018年上半期にGDOニュースにて最も読まれたトピックス記事をランキングしました
HIGHLIGHT 永野竜太郎
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~