ニュース

国内男子アジアパシフィックオープンゴルフチャンピオンシップ パナソニックオープンの最新ゴルフニュースをお届け

ビッグネームとアジアの雄が火花を散らす!ホストプロは石川遼

国内男子ツアーの今季第16戦「アジアパシフィックオープンゴルフチャンピオンシップ パナソニックオープン」は20日(木)に開幕。例年関西地区の名門コースをめぐるサーキットトーナメントは今年、兵庫県の東広野ゴルフ倶楽部を舞台とする。

滋賀県の琵琶湖カントリー倶楽部で行われた昨年大会は、最終日に「67」をマークした平塚哲二が逆転勝利を飾りツアー通算6勝目をマーク。海外ツアーを主戦場とするプレーヤーが集い国際色豊かなフィールドとなる中、アジアンツアーでも活躍を見せるベテランが、S.K.ホキム・ドフン(ともに韓国)、ジーブ・ミルカ・シン(インド)、ジェイブ・クルーガー(南アフリカ)らを抑えて大会初制覇を成し遂げた。

注目はまず大会を主催するパナソニック所属の石川遼。17日(月)に誕生日を向かえ、21歳になってから初のトーナメントを迎える。そして前週「ANAオープンゴルフトーナメント」で自身初の年間3勝をマークし、賞金ランクトップに返り咲いた藤田寛之のほか、なんと言っても「フジサンケイクラシック」からツアータイ記録の3試合連続2位という不遇を味わっている池田勇太の動向は大きな話題となるはずだ。

また、ディフェンディングチャンピオンの平塚、歴代王者の一人である谷原秀人、今季初勝利を狙う近藤共弘も状態を上げている。賞金ランクトップの座を奪われたブレンダン・ジョーンズ(オーストラリア)も2010年の大会覇者として4試合ぶりに出場予定。さらに米ツアーメンバーの今田竜二、アマチュアの伊藤誠道も前週に続いてエントリーしている。

出場選手の半分近くが外国勢という異色の大会だけに、普段とは一風変わったリーダーズボードとなるが、難コースとして名高い東広野での戦いは選手それぞれの実力をはっきりと示しそうだ。

【主な出場予定選手】
平塚哲二池田勇太石川遼今田竜二小田孔明片山晋呉キム・キョンテキム・ヒョンソン近藤共弘J.M.シン、T.ジェイディ、谷口徹藤田寛之藤本佳則細川和彦武藤俊憲伊藤誠道(アマ)、小西健太(アマ)、小袋秀人(アマ)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2012年 アジアパシフィックオープンゴルフチャンピオンシップ パナソニックオープン




特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。