最近のニュース 新着一覧≫


2021/04/06マスターズ

2021年「マスターズ」出場選手&資格

ホセ・マリア・オラサバル パトリック・リード シャール・シュワルツェル アダム・スコット ビジェイ・シン ジョーダン・スピース バッバ・ワトソン マイク・ウィア ダニー・ウィレット イアン・ウーズナム
2021/04/12マスターズ

「マスターズ」歴代優勝者

,008,000 2000 ビジェイ・シン -10 3打 アーニー・エルス 828,000 1999 ホセ・マリア・オラサバル(2) -8 2打 デービス・ラブIII 720,000 1998 マーク
2021/04/11マスターズ

2021年「マスターズ」 組み合わせ&スタート時刻

:10 ブライアン・ハーマンマーク・レイシュマン 14:20 3:20 ジャスティン・ローズウィル・ザラトリス 2日目 現地時間 日本時間 組み合わせ 8:00 21:00 ビジェイ・シンマーティン
2020/11/06マスターズ

2020年「マスターズ」出場選手&資格

・ミケルソン ラリー・マイズ ホセ・マリア・オラサバル パトリック・リード シャール・シュワルツェル アダム・スコット ビジェイ・シン ジョーダン・スピース バッバ・ワトソン マイク・ウィア ダニー
2021/01/18

ゴルフきょうは何の日<1月18日>

の“天才少女”ミッシェル・ウィが大会前から話題を独占。カットラインに1打届かず予選落ちとなったウィと練習ラウンドをともにしていたエルスは、首位フレイザーと1打差2位から最終日をスタートした。 一時は
2020/07/25記録

「全米プロゴルフ選手権」記録集

・1R) ゲーリー・プレーヤー(1984年/ショールクリークCC・2R) ビジェイ・シン(1993年/インバーネスC・2R) マイケル・ブラッドリー(1993年/インバーネスC・1R) ブラッド
2020/11/18PGAツアーオリジナル

PGAツアーで「長尺ドライバー」は定着するのか?

“ブライソン・デシャンボー効果”は本物である。PGAツアーの選手たちは、時速5、10、あるいは15マイル(6.7m/s)の初速アップを実現させている。選手たちはジムへと通い、用具を変えて350ydの
2013/03/16PGAコラム

「タンパベイ選手権」 2日目レビュー

優勝者のチェ・キョンジュ(韓国)は、1打差ですぐ後ろを追う。 ハーフ終了時点で20人の選手が5打差にひしめき合った。その中にはセルヒオ・ガルシア(スペイン)、マット・クーチャー、19歳のジョーダン
2015/08/15ヨーロピアンツアー公式

岩田寛が“63クラブ”に入会

アンダー) ジャック・ニクラス 1980年 (バルタスロール) 第1ラウンド (7アンダー) トム・ワイスコフ 1980年 (バルタスロール) 第1ラウンド (7アンダー) ビジェイ・シン 2003年
2016/06/14ヨーロピアンツアー公式

全米オープンの知っておくべきアラカルト

始まるのである。では、ここにその内幕を紹介しよう。 ■2015年大会を振り返る チェンバースベイGCで開催された昨年の「全米オープン」は、ジョーダン・スピースがメジャー2連勝を遂げて幕を閉じたが、それ
2015/10/25ヨーロピアンツアー公式

ビエルゴーとローズの一騎打ちに

おり、その1打後方にはラヒリと同じインドのジーブ・ミルカ・シンマシュー・フィッツパトリックがつけている。 「最高でしたね。ジャスティンとのプレーを楽しみました。彼はとても良い人で、僕らはバーディを
2019/04/02マスターズ

2019年「マスターズ」出場選手&資格

・マイズ ホセ・マリア・オラサバル パトリック・リード シャール・シュワルツェル アダム・スコット ジョーダン・スピース ビジェイ・シン バッバ・ワトソン マイク・ウィア ダニー・ウィレット タイガー
2002/04/09マスターズ

ショートヒッターはお手上げか?今年のマスターズ

はスコット・ホーク、ジャスティン・レナード、リー・ジャンセン、ホセ・カセラス、スコット・バープランク、カーク・トリプレット、マーク・ブルックス、ニック・プライス、ジム・フューリック、ブラッド
2002/06/26

「カナディアン・スキンズ」最終日

毎年、カナダの英雄マイク・ウィアがホスト役で開催されるカナディアン・スキンズ(注1)。今年もお馴染みのセルヒオ・ガルシア、ビジェイ・シン、そして88年に参加したときにはパターで200ヤード以上飛ばす