ニュース

米国シニア全英シニアオープンの最新ゴルフニュースをお届け

2013年 全英シニアオープン
期間:07/25〜07/28 ロイヤルバークデール(イングランド)

プレーオフ5ホール目で決着 ウィーブがランガーを下しメジャー初勝利!

◇米国シニア◇全英シニアオープン選手権 月曜日◇ロイヤルバークデール(イングランド)◇7,082ヤード(パー70)

最終日が雷雲の影響で度重なる中断を強いられた今季のメジャー5戦目は、ベルンハルト・ランガー(ドイツ)とマーク・ウィーブのプレーオフに突入。2ホール目も引き分けた段階で日没になり、翌月曜日の8時から決戦が再開された。

日曜日から通算して3ホール目、そして4ホール目も引き分けると、同じ18番パー4で繰り広げられた戦いは5ホール目で決着がついた。

ラフからの2打目をグリーン手前から転がして2オンに成功させたウェーブに対し、ランガーの2打目はバンカーに捕まる。3打目をピンまで3メートルに乗せたがパーパットを決めることが出来なかった。一方のウェーブは着実に2パットでパーをセーブし、メジャー初タイトルを掴んだ。ランガーは昨年と同じく、最終日を首位で迎えながら優勝を果たすことが出来なかった。

ランガーVSウィーブのプレーオフ決戦は月曜へ (7月28日)

通算9アンダー単独首位で最終日を迎えたベルンハルト・ランガー(ドイツ)の、2010年大会以来の勝利かと思われたが、2ストロークリードで迎えた最終18番でダブルボギーを叩き通算9アンダー、マーク・ウィーブとのプレーオフとなった。2位以下に3打差でスタートしたランガーは、12番までに3つのバーディを奪い一時は12アンダーまで伸ばしていた。

しかし、14番で2日連続でのボギーを叩くと、最終18番はまさかのダブルボギー。先に9アンダーでホールアウトしていたウィーブと並び、プレーオフ突入が決まった。18番ホールで行われたプレーオフは2ホールを終えてともにパー。この時点で日没となったために、決着は翌月曜へと持ち越されることになった。現地29日(月)午前8時からプレーオフが再開される予定だ。

順位を確定している中では、通算6アンダー3位タイとなったのはコーリー・ペイビン、ピーター・シニア(オーストラリア)、デビッド・フロスト(南アフリカ)の3人。ピーター・ファウラー(オーストラリア)が通算4アンダーの単独6位、サンディ・ライル(スコットランド)が、通算3アンダーで単独7位となった。

日本勢では13位タイで最終日を迎えた井戸木鴻樹が、スコアを1つ伸ばして通算1オーバー。順位は変わらず13位タイと健闘。友利勝良が通算6オーバーの26位タイ、奥田靖己が通算9オーバーの40位タイ、倉本昌弘は通算15オーバーで61位タイとなった。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2013年 全英シニアオープン




特集SPECIAL

松山英樹や石川遼の活躍をiPhoneへお届け【GDOゴルフ速報アプリ】
松山英樹や石川遼の活躍で注目度が高まっている米PGAツアーや、国内男女ツアーなどの試合速報をいち早くあなたのスマートフォンへお届けします。
世界の一流選手のスイングをハイスピード動画でスロー再生。特定選手のスイングを正面・後方からじっくり研究したり、他の選手と比較してみるなど楽しみ方は色々。まずはとくとご覧あれ!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。