ニュース

米国シニア全米シニアオープン選手権の最新ゴルフニュースをお届け

B.ランガーが快勝!尾崎直道は20位タイ

ワシントン州のサハリーCCで開催されている、米国チャンピオンズツアーの第15戦「全米シニアオープン」の最終日。ベルンハルト・ランガー(ドイツ)が通算8アンダーでメジャー戦を制している。

首位に並び立って最終日を迎えたフレッド・カプルスとランガー。先に仕掛けたのはカプルス。スタートホールでバーディを決め、このまま流れに乗りたかったが、2番のロングでまさかのトリプル。続く3番ではバーディを奪い返したが、立ち上がり3ホールで1つスコアを落としてしまう。これに対しランガーは2番から連続バーディを決めると、さらに6番でもバーディをマークし、カプルスに対し前半だけで4ストロークの差をつける。その後ランガーは、残り全てのホールをパーセーブ。対するカプルスは14、16番でバーディを決めて追い上げたが、最終18番でボギーを叩き、通算5アンダーで万事休す。終始冷静さを失わなかったランガーが通算8アンダーでメジャータイトルを手にした。

2人に続き、通算2アンダーで3位タイに食い込んだのはジョン・クックオリン・ブラウン。続く通算1オーバー、単独5位にはトム・ワトソン。6位タイにはマイケル・アレンとピーター・シニアが並んだ。

16位タイで最終日を迎えた尾崎直道は、最終日を3バーディ、6ボギーでラウンド。通算8オーバーにスコアを落とし、20位タイで終えた。51位タイスタートの渡辺司はスタートでいきなりイーグルを決めるなど攻めのゴルフでスコアを2つ伸ばし、通算11オーバー、32位タイで大会を終えた。

おすすめ記事通知を受け取る

2010年 全米シニアオープン選手権




特集SPECIAL

松山英樹や石川遼の活躍をiPhoneへお届け【GDOゴルフ速報アプリ】
松山英樹や石川遼の活躍で注目度が高まっている米PGAツアーや、国内男女ツアーなどの試合速報をいち早くあなたのスマートフォンへお届けします。
世界の一流選手のスイングをハイスピード動画でスロー再生。特定選手のスイングを正面・後方からじっくり研究したり、他の選手と比較してみるなど楽しみ方は色々。まずはとくとご覧あれ!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。