2021/04/12マスターズ

「マスターズ」歴代優勝者

・ソンジェ 2,070,000 2019 タイガー・ウッズ(5) -13 1打 ダスティン・ジョンソンザンダー・シャウフェレブルックス・ケプカ 2,070,000 2018 パトリック・リード -15 1打
2021/04/05マスターズ

ファウラーのメジャー連続出場が41試合で途切れる

連続でストップした。 ファウラーはメジャータイトルにこそ手が届いていないが、2014年には4大会すべてでトップ5入り。マスターズでは18年に優勝したパトリック・リードに次ぐ2位に入った。 近年は不調
2021/02/13AT&Tペブルビーチプロアマ

スピース復活へ単独首位 小平智は1打及ばず予選落ち

の予選通過はならなかった。 リッキー・ファウラーは通算3オーバー113位で予選落ち。大会5勝を誇るフィル・ミケルソンもPBの最終18番(パー5)で「9」をたたくなど「80」と崩れ、通算10オーバー
2021/04/08

ゴルフきょうは何の日<4月8日>

。レフティのマスターズ優勝者はマイク・ウィアー、フィル・ミケルソンに続いて史上3人目となった。 最終日の後半13番から4連続バーディを奪って首位を捕らえたワトソン。ウーストハイゼンと並んで通算10アンダーで
2020/09/14全米オープン

2020年「全米オープン」出場者&資格

ジュニア優勝者 全米ミッドアマ優勝者 アンディ・オグルトゥリー プレストン・サマーヘイズ ルーカス・マイケル ジョン・オーゲンスティーン 5 2016年以降のマスターズ優勝者 タイガー・ウッズ パトリック
2021/02/12AT&Tペブルビーチプロアマ

スピース3打差4位の好発進 小平智とミケルソンは出遅れ

(SH)では、6アンダー6位につけたウィル・ゴードンの「66」がベストスコアだった。 リッキー・ファウラーはPBでイーブンパー75位と巻き返しが必要なポジション。 2021年初戦から5連戦となる小平智
2021/01/20ザ・アメリカンエキスプレス

ケプカ、ミケルソンが2021年初陣 小平智はハワイ→米本土連戦

・ケプカ、フィル・ミケルソンといった大物たちの新たな一年がスタート。4月の「マスターズ」出場権を確保できていないリッキー・ファウラーにとっては、一戦一戦が重要な意味を持つ。 マシュー・ウルフ、スコッティ
2020/08/10

ゴルフきょうは何の日<8月10日>

、“敵”は1組前のリッキー・ファウラーフィル・ミケルソンに。一時ファウラーに首位の座を奪われながら後半10番のイーグルで盛り返して再逆転し、17番のバーディで2位に2打差をつけた。 メジャータイトルが
2021/01/23ザ・アメリカンエキスプレス

イム・ソンジェが単独首位に浮上 小平智は予選落ち

出遅れたリッキー・ファウラーはSCで「66」と巻き返し、前年覇者アンドリュー・ランドリーらとともに通算5アンダー37位で決勝ラウンドに進出。 前週「ソニーオープンinハワイ」からの連戦となった小平智は
2014/08/11ヨーロピアンツアー公式

マキロイ 圧巻のハットトリックを成し遂げる

した。 バックナインに入り、一時はミケルソンと首位タイで並んで、三つどもえの優勝争いを繰り広げたリッキー・ファウラーとヘンリック・ステンソンは終盤にスコアを落とし、ともにマキロイから2打差の通算14
2021/01/23ザ・アメリカンエキスプレス

18ホールぜんぶパー 50歳ミケルソンが2201ラウンド目で初珍事

パーが並んだ“キレイ”なスコアカード。フィル・ミケルソンのPGAツアーでのキャリア2201ラウンド目にして初めてのことだった。「僕はフェアウェイを捉えて、グリーンのセンターを狙って、簡単なパーを獲れる
2020/11/06マスターズ

2020年「マスターズ」出場選手&資格

1.マスターズの歴代優勝者(生涯) フレッド・カプルス セルヒオ・ガルシア※新型コロナ陽性のため欠場 トレバー・イメルマン ザック・ジョンソン ベルンハルト・ランガー サンディ・ライル フィル
2014/07/20ヨーロピアンツアー公式

雄壮なるマキロイ 6打差の首位で最終日へ

一時降った強い雨も最終組がティオフするまでにはやみ、マキロイは終盤の3ホールで2つのイーグルを奪う圧巻のプレーで、同じ25歳のリッキー・ファウラーによる挑戦を退けてみせた。 3日目を「68」でラウンド
2016/02/17佐渡充高のPGA選手名鑑

<選手名鑑186>ライアン・ラフェルズ(後編)

ミケルソンファウラーやキーガン・ブラッドリーらお気に入りの後輩たちに、惜しみなくアドバイスをし、自身も若い世代から刺激を受けてきた。我が子世代のラフェルズも大いに気に入り、ミケルソンはこれからもサポート…