2016/12/01GDOEYE

母として…プロゴルファー茂木宏美の決断と仕事・育児を支えた人たち

は出産後、腰痛を発症するなど身体の変化にも苦しんだ。「最後は心も身体もギリギリでした。来年もやるとなると、また家族の協力も必要になるし」と、潔くクラブを置いた。様々なものを背負って、駆け抜けた母親ゴルファーは言った。「こんなプロゴルファーがいるってことを知ってもらえたらいいですね」。(編集部・洋平
2017/04/16GDOEYE

故郷への想い 惜敗の上田桃子がロープの外で作った輪

ダフると首を傾げて手首をもんだ。それでも「前だけを見つめる」と気丈に戦った。「みんなの(熊本県民の)思いは、しっかり持っていたはず…」。言葉を詰まらす敗者に送られた拍手は小さいものではなかった。(熊本県菊陽町/洋平
2016/07/05GDOEYE

俺は出る!池田勇太はなぜリオ五輪へと向かうのか?

ね? 同じなんだよ。選手だって、メディア(報道陣)だってみんな同じ(怖いん)なんだよ。でも、みんなで協力して伝えないと、ゴルフ界を盛り上げないと」。自他ともに認める頑固者の言葉は最後、熱くなっていた。(北海道安平町/洋平
2016/10/04GDOEYE

「宮里藍に憧れて」 メジャーV畑岡らは黄金世代となるか

(28)、賞金女王のイ・ボミ(28)らは、米ツアー25勝の朴セリ(39)に憧れた。イは「私たちのようなゴルファーがたくさん出てきたのも、朴セリさんの存在があったから」と話した。 宮里に憧れた種は、夢いっぱいに膨らんだつぼみとなった。これから、大輪を咲かせるだろうか。(栃木県那須烏山市/洋平
2016/07/08GDOEYE

「もう一つの被災地がある」 笑顔の戻った“若女将”ゴルファーが願うこと

。 この日、北海道で開幕した「ニッポンハムレディス」で3アンダー4位と好発進を切った。「もっと伸ばせたかなと思います。もったいなかったな。最終9番の2mを外しちゃった」と元気よく悔しがった。悲しみは、いまは胸にしまった。さわやかな笑みがこぼれた。(北海道北斗市/洋平
2016/08/01GDOEYE

米国→英国の2週間 鈴木愛に芽生えた“確かな迷い”とは?

」。普段の明るい笑顔には、真剣みが帯びた。 漠然と描き続けてきた青写真は一歩前進したが、結論は出ていない。「自分の状態やタイミングもある」。課題も収穫もあった英米両国での2週間は、鈴木に“確かな迷い”を生んだ。(イングランド・ウォーバーン/洋平
2016/03/26GDOEYE

馬場ゆかりは落ち着くのか

ようになった。最後に勝利したときにはまだ生まれていない。「優勝を見せたいですね」。 ところで、オフは婚活に励みたいと語っていた33歳は、ゴルフ漬けで「まったくできなかった」と“反省”する。理想のタイプは「落ち着いている人」なのだとか。(宮崎市/洋平
2016/04/29GDOEYE

福嶋浩子「1勝してみたい」 偉大な姉を持つ妹の本音は?

恥ずかしそうに「1勝してみたい」と口にした。姉からも「無理じゃないと思う」と背中を押されている。恐縮しながら「すごく大変なことは分かっています」と笑う38歳が、春風に乗って好スタートを切った。(静岡県三島市/洋平
2016/10/01GDOEYE

読まれなかった手紙 チョン・インジのキングへの思い

だけではない。いろいろな人から好かれて、尊敬されている」と慕う、パーマー氏の振舞いを手本にする。キングのようにゴルフ界を超えて慕われる存在になりたい―。「愛し、愛されるような。わたしはうまいゴルファーではなく、いい人になりたいんです」。優しく微笑んだ。(栃木県那須烏山市/洋平