ニュース

国内女子中京テレビ・ブリヂストンレディスオープンの最新ゴルフニュースをお届け

13本で戦えますか?ルーキー女子、キャディバッグの隙間の理由

キャディバッグには、クラブを14本まで入れることができる。プロの試合となれば、状況に応じて1打1打、繊細なクラブ選択が求められる。ルールで定められた最大限の本数を手元に用意するのは、当たり前とも言える。

愛知県で開幕した国内女子ツアー「中京テレビ・ブリヂストンレディス」初日、昨年プロテストに合格したツアールーキーの岡山絵里は、1本少ない13本のクラブで試合に臨んだ。3バーディ、2ボギーの「71」(パー72)でプレーし、1アンダーの22位につけた。

<< 下に続く >>

用具契約を結ぶブリヂストンスポーツの担当者は、14本そろえずに試合に出る選手を「見た記憶がない」と驚く。岡山の語る理由はこうだ。今季は52、58度のウェッジ2本を入れてスタートしたが、その後50、54、58度の3本構成に変更した。

しかし、前週の「ほけんの窓口レディース」初日に「75」(パー72)をたたいた。「50度と54度の距離感の使い分けが思い通りにできない」と、当初の2本構成に戻した。ウェッジ3本にした際に3UTを抜いていたが、現在は「いらないかな」と感じた…。というのが、1本分の空席が生じた顛末なのだそう。

「もちろん13本で挑むのは稀。ただ、使わないクラブを入れていても仕方ない。使い分けができずに悩むのは、本意じゃない」(バッグを担ぐ関根淳キャディ)との言葉を聞くと、それはそうだと思う。

最後の隙間に鎮座することになるクラブをどうするかは、メーカー担当者と相談中とのこと。次戦以降は14本で臨むことになりそうだ。(愛知県豊田市/林洋平)

おすすめ記事通知を受け取る

林洋平(はやしようへい) プロフィール

1991年、横浜市生まれ、A型。大学卒業後の2015年にGDO入社。チーム内では最年少。トーナメント取材に行くが、自身のプレーは勉強中。当面の目標はドライバーをスライスさせないこと。大のビール党で、出張先の名物で晩酌するのが、ささやかな楽しみ。

関連リンク

2016年 中京テレビ・ブリヂストンレディスオープン




特集SPECIAL

HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!2月のマンスリーゲストにはセキ・ユウティンプロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!