2020/12/10GDOEYE

「全米女子オープン」のPCR検査 鼻綿棒の激痛説はいかに?

たため変更されたのだという。夏場のスコットランドでの米ツアー連戦時は涙が出るほど痛かったとも教えてくれた。聞いていたほどの激痛がなかったのは良しとして、それだけコロナ禍が長期化しているのだと実感してもいる。(テキサス州ヒューストン/洋平
2020/12/08全米女子オープン

全米女子から最終戦へ 河本結が求める2連戦

グループ ツアー選手権」(フロリダ州ティブロンGC)への出場資格はまだなく、現在78位のポイントランキングを70位まで上げる必要がある。「まずは4日間というのもあるし、トップ10を目指したい」。激動の一年を、ここで終わらせない。(テキサス州ヒューストン/洋平
2020/12/08全米女子オープン

「面白いと思うし、楽しい」小祝さくらは超難コースにメジャー実感

帰国後の隔離期間が所属先の大会と重ねるため欠場を選択した。「世界ランキングを上げないと来年の全米、全英にも影響する。良い成績で日本に帰りたい」。10日に開幕する待望の初メジャーへの準備を進めている。(テキサス州ヒューストン/洋平
2020/12/10全米女子オープン

「寄るかな」の不安と心境は今 渋野日向子が20年最終戦へ

良い。(アプローチの)イメージをして打ってやっていく作業が多いって考えると、すごくこれからの自分に大切だなって思う。まずは予選通過を目指したい」。何よりも欲している“成長”につなげるための目標を置いた。(テキサス州ヒューストン/洋平
2020/12/15全米女子オープン

見えぬ敵と無念の惜敗 渋野日向子「ようここまで来られた」

誇りに思っていいと思う。この経験は絶対に無駄にはならない。これからに生かすためにもマイナスの面、プラスの面をしっかり見ていきたい」。激動の一年の終わりに味わった惜敗は、米ツアー本格参戦に向けて始動する2021年への大きな糧になる。(テキサス州ヒューストン/洋平
2020/11/15伊藤園レディス

プレーオフ2連勝の古江彩佳 スーパーショット決着再び

オープン)も出場できるなら経験として頑張りたい。東京五輪に出られたら、それは嬉しいけど、でも目の前の試合を1試合、1試合頑張るだけです」。どれほど期待値が上がろうと、夢が広がろうと、冷静に足元を見つめている。(千葉県長南町/洋平
2020/12/14全米女子オープン

運命の月曜決着へ 渋野日向子「いつも通りに過ごせたら」

、練習日から連日ラウンドを重ねてきた。「ボーっとすると思います」と笑みを浮かべ「明日は寒いのでなかなかきょうの雨が乾くことはない。首位で最終日を迎えるので、優勝したい気持ちはあるけど目の前のことに集中して私らしいゴルフができれば良い」と話し、コースを後にした。(テキサス州ヒューストン/洋平
2018/02/12GDOEYE

欧州ツアーで実施 6ホールのゴルフは不完全か?

て欲しい」という意見も聞かれた。 18ホールや72ホールの流れの中でドラマが生まれるのはゴルフの醍醐味である。大会自体に改善ポイントも多くありそうだが、日本人ギャラリーが一喜一憂しながらゴルフ観戦を楽しんでいたのも確かだった。(オーストラリア・パース/洋平
2019/05/18GDOEYE

ニューヨーカーの激しい野次 それは強者の勲章か?

に入り込んでいる。そして興味を示すのは、強い選手だけだ」と念を押す。それが伝統的な観戦スタイルなら、激しい野次は“勲章”として受け取るべきか。その中心にいるケプカは、予選を終えて他の選手を圧倒。強いからこそ、ニューヨーカーの標的になる。(ニューヨーク州ファーミングデール/洋平
2019/05/14全米プロゴルフ選手権

「全米プロ」初開催のベスページ 注目選手の過去成績まとめ

選手の当地における過去成績をまとめた。なお、2009年の「全米オープン」ではルーカス・グローバーがメジャー初優勝を飾っている。(ニューヨーク州ファミングデール/洋平) ・タイガー・ウッズ(メジャー2