2018/05/14GDOEYE

50歳・谷口徹の奇跡ではない物語

ないと勝てない。最後のグリーン上は感覚を信じた」。50歳の優勝物語は、決して奇跡ではない。(千葉県睦沢町/洋平
2020/11/20大王製紙エリエールレディス

池からはい上がってきたボール 渋野日向子の“終わらなかった”奇跡

「73」。「スコアを落とすことが多い」と鬼門に挙げる第2ラウンドでオーバーパーを喫したものの、通算1アンダーの20位にとどまりトップとは6打差。「去年ほどのビッグスコアを出せる状態ではないと思うけど、今の自分の最高のゴルフができるようにしたい」と意気込んだ。(愛媛県松山市/洋平
2017/05/22GDOEYE

眠れなかった優勝前夜 上田桃子を奮い立たせた王貞治氏の恩師の言葉

サイドに転がっていった。悲鳴に似た声が飛んだ。ギリギリで、カラーで止まって池ポチャを回避した。「まだまだですね。危なかった」と安堵した。 3年ぶりに優勝カップを掲げた。目は真っ赤だった。「みんな見守ってくれているんですかね―」。真っ青な空の下で、穏やかな笑みを浮かべた。(愛知県豊田市/洋平
2020/11/12伊藤園レディス

今週の渋野日向子は「どっしり構える」

ならない。自分のゴルフを完成するために、1打1打を大事にしたい。ひたむきにやっていくしかない」。改めて覚悟をにじませた。(千葉県長南町/洋平
2018/10/22GDOEYE

終盤4ホールで逆転 今平周吾と川村昌弘の激闘

(パー5)はともにバーディで締めた。ツアー通算2勝目をかけた20代同士の争いは、粘り続けた今平に軍配が上がった。川村は「(プレッシャーは)なかったけど、ああなると最後はどうしようもない。敗因は走り切れなったこと。やっぱり追いかける方が楽ですよね」と語った。(千葉市緑区/洋平)…
2018/03/25GDOEYE

桜植えられぬ地で 春に大輪の“ひまわり”を咲かせるか

た小倉は「(名前の由来通り)そんな人になれているかな?」とおどけ気味に言う。最終18番のグリーン脇には、細い桜の木が2本だけ。春の気配が漂いはじめた当地で鮮やかなピンク色の花びらが舞うことはないが、季節外れの朗らかな“ひまわり”が色めく可能性は十分にある。(宮崎県宮崎市/洋平
2019/06/17トヨタジュニアワールドカップ

安田祐香 新時代を担うアマチュア旋風の主役

(アマチュアの)選手たちと、また戦いたいんです」。きっと、世界も待っている。(編集部・洋平) ◇◇◇◇◇ 今年の「トヨタジュニア ゴルフワールドカップ Supported by JAL」は18日~21日、愛知
2020/10/03日本女子オープン

若手の想定スコアにあ然も仲宗根澄香が「65」で3位急浮上

所属契約を締結した。今年3月から放送されている同社のテレビコマーシャルにも出演している。 「いろんな方に声かけていただいて、ありがたいです」。想定スコアにとらわれることなく、謙虚な姿勢を貫き、結果で反響に応える。(福岡県宮若市/洋平
2017/10/03

「自分の招いた結果」米ツアーカード喪失の石川遼は再起誓う

か見つけられるって信じている。本当に心の底からレベルアップしたと感じないと、米ツアーでもう一段階上にいけない。どこの環境でも技術を磨いていきたい」。挫折を味わった26歳は、確実に壁の向こう側を見据えていた。(フロリダ州ジャクソンビル/洋平