ニュース

国内女子サイバーエージェント レディスゴルフトーナメントの最新ゴルフニュースをお届け

苦しみは誰よりも分かるから 福嶋晃子が気になる妹の口ぐせ

「わたしは全然できない」。それが妹の口ぐせだ。国内女子ツアー「サイバーエージェントレディス」最終日。日米通算26勝を誇る福嶋晃子は、4歳下の妹・浩子の初優勝をかけたプレーオフを心配そうな顔でじっと見つめていた。1ホール目にキム・ハヌル(韓国)のパーパットが外れて勝利が決まった瞬間、誰よりも早く涙を流した。「苦しかったね」と妹を抱きしめた。

初日から首位を守っていた妹は、サンデーバックナインで崩れた。16番で4パットのダブルボギーをたたくと、後続との差は1打になった。姉は「もう見ていられなかった」と17番はパスした。それでも、18番とプレーオフは緊張しながら見守った。

<< 下に続く >>

妹の苦しみは分かっていた。この試合も、これまで歩んできたゴルフ人生も。妹がケガで選手生活を断念しかけた際は「私のところに来なさい」と、マネジャーとして呼び寄せた。だが「お姉ちゃんがいるから、浩子ちゃんは輝かないんだよね」。そんな声も聞こえた。

「できれば、代わってあげたかった」

今年の2月ごろから、妹の印象が変わった。今までほとんどなかったゴルフの相談を受けるようになった。体調も日々変わるし、どうやって安定したプレーをするの? 初日はいいんだけど2日目以降が続かない、どうすればいいんだろう? 姉妹のゴルフ談義は熱を帯びた。「優勝は無理じゃないんじゃない?」と妹の背中を押した。

この日、ツアー史上初めての姉妹優勝が実現した。「わたしは全然できないけれど」。妹は優勝会見で、笑いながら口にした。ジュニア時代の大会で緊張をほぐすためにお菓子を持たせたときの姿が、まぶたをよぎった。(静岡県三島市/林洋平)

おすすめ記事通知を受け取る

林洋平(はやしようへい) プロフィール

1991年、横浜市生まれ、A型。大学卒業後の2015年にGDO入社。チーム内では最年少。トーナメント取材に行くが、自身のプレーは勉強中。当面の目標はドライバーをスライスさせないこと。大のビール党で、出張先の名物で晩酌するのが、ささやかな楽しみ。

関連リンク

2016年 サイバーエージェント レディスゴルフトーナメント




特集SPECIAL

HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!10月のマンスリーゲストには常文恵プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!