最近のニュース 新着一覧≫


2021/09/08コマツオープン

北陸でタイ旋風再び? 川岸良兼が地元で初V狙う

賞金王奪取の足がかりとした。 6月に今季1勝を挙げたウィラチャンは、溝口英二、奥田靖己と、マークセンは前戦でツアー初優勝を飾った森田徹、尾崎直道とそれぞれ同組で初日をプレーする。 小松市出身の川岸良兼
2021/09/09コマツオープン

伊澤利光が首位発進 倉本昌弘は66歳の誕生日に「70」

、66歳の誕生日を迎えた日本プロゴルフ協会(PGA)会長の倉本昌弘は3バーディ、1ボギーの「70」でプレー。2アンダー18位で初日を終えた。 開催地の石川県小松市出身の川岸良兼は7オーバー68位と大きく出遅れた。
2020/11/27いわさき白露シニアゴルフトーナメント

手嶋多一「慎重に」首位発進 2打差2位に川岸良兼ら

。 2打差2位に岡茂洋雄、川岸良兼、山崎正弘の3人が並んだ。9月「日本シニアオープン」を制し、賞金ランキング2位の寺西明は6バーディ、2ボギーの「68」でプレー。白潟英純、東聡、清水洋一と並んで4
2021/06/04すまいーだカップ シニアゴルフトーナメント

ウィラチャンが盤石の4打差首位 丸山大輔とマークセンが追う

)が6アンダー4位で続いた。 伊澤利光、川岸良兼、今年シニアデビューの細川和彦らが通算2アンダー9位につけた。 倉本昌弘は「77」と崩れ、39位。今季1勝の寺西明は腰痛のため、第2ラウンドのスタート前に棄権した。
2021/06/05すまいーだカップ シニアゴルフトーナメント

ウィラチャンが完全優勝で通算4勝目 マークセンが2位

(ニュージーランド)、清水洋一。通算6アンダー7位に伊澤利光、白潟英純。 大会3連覇がかかっていた山添昌良は、水巻善典、川岸良兼、宮瀬博文と並んで通算5アンダー9位だった。
2021/05/24記録

「全米プロゴルフ選手権」日本人成績

肇75T 1993 尾崎直道44T中嶋常幸予落 1992 中嶋常幸21T尾崎直道28T 1991 中嶋常幸、川岸良兼予落 1990 青木功40T尾崎将司69T尾崎直道予落 1989 青木功17T尾崎
2020/10/07日本プロゴルフシニア選手権大会 住友商事・サミットカップ

シニアプロ日本一決定戦 谷口徹、藤田寛之、川岸良兼が予選同組に

鈴木亨と同組になった。今年9月にデビュー、ツアー3戦目の藤田寛之は谷口徹、川岸良兼と36ホールをともにする。PGA会長の倉本昌弘も元気に出場。深堀圭一郎、塚田好宣、佐藤信人は初勝利を追う。
2008/08/04プレーヤーズラウンジ

ツアープレーヤーたちのペアルック<川岸良兼>

ハプニングが起きた。 しかも同組。大会2日目に、ミズノ所属の川岸良兼と桑原克典がバッティング。スタート前の練習場で、2人とも目が点になった。まったく同じデザインの、真っ赤なポロシャツを着ていたのだ。 「ど
1999/10/30Philip Morris Championship

え?川岸良兼が首位に躍り出た

意外といっては失礼だろうが、しかし意外。未完の超大器ともいわれる川岸良兼がアウトで爆発。66をマークして首位に踊り出た。桑原克典も60台を出したが一歩後退。下からは今季自信の横尾要が迫っている
1999/10/31Philip Morris Championship

川岸良兼、4年ぶりのツアーV

けっこう危なかった。順調にトップを走っていた川岸良兼は16番のボギーで一歩後退。しかもマッチレース展開となっていた桑原克典が最終18番でバーディ。川岸はかろうじての1打差逃げきりでツアー6勝目を飾っ
2020/09/19日本シニアオープンゴルフ選手権競技

トリもあったが…寺西明が首位で最終日へ 川岸良兼らが2打差

に違いない。「あすもノープランです。ゴルフの基本に戻って、グリーンセンター狙いでパーを獲る。そこから考えていきたい」と体当たりで勝負する。 通算2アンダーの2位にこの日のベスト「67」をマークした川岸
2015/04/05GDOEYE

早期のアマ資格放棄 川岸史果が選んだプロへの道

今週開催の国内女子ツアー「ヤマハレディースオープン葛城」で、男子プロゴルファー川岸良兼の次女・川岸史果がプロデビューを飾った。滑り込みで進んだ決勝ラウンドを51位タイで終え、今季の初賞金38万円を
2020/12/03金秀シニア 沖縄オープンゴルフトーナメント

沖縄でシニア最終戦 賞金王争いは58万円差

前回大会覇者の手嶋多一、今季1勝の鈴木亨のほか、伊澤利光、川岸良兼、日本プロゴルフ協会会長の倉本昌弘らが参戦する。
2013/06/28~全英への道~ミズノオープン

粘る川岸良兼、首位と3打差の4位タイ

「天女が舞い降りたかしら~」とは、この日、川岸良兼のマーカーとしてラウンドに帯同していたミズノ契約の女子プロ、木村敏美の談話。それに呼応するように、2日続けて「68」をマークした川岸も「本当について