2017/09/12日本シニアオープンゴルフ選手権競技

”鉄人”マークセン シニアメジャー3連勝なるか

に輝いた。今季もすでに2勝で賞金ランクトップを快走する。 待ったをかけたい日本勢は、マークセンと同じく今季2勝で同ランク2位の米山剛、同ツアーで初優勝が期待される川岸良兼が出場。前週日本で初開催された米国シニアツアー「JAL選手権」で日本人最高の7位に入った倉本昌弘らも参戦する。
2017/09/16日本シニアオープンゴルフ選手権競技

マークセンが連覇に王手 20アンダーで後続と8打差

位に続いた。川岸良兼は通算1オーバーの38位。 2位で出た尾崎直道は腰痛のため5ホール終了後に棄権した。 (※)グラハム・マーシュ 「272」通算16アンダー(1999年/六甲国際GC)
2017/08/03全英リコー女子オープン

全英初挑戦の川岸史果、米ツアーQTにエントリー

。スコットランドに入った月曜日から計27ホールのコースチェックを経て、7月「全米女子オープン」(予選落ち)に続く2回目の海外メジャーに臨む。 「全米」では父でプロゴルファーの川岸良兼がキャディを務めたが
2017/08/06マルハンカップ 太平洋クラブシニア

秋葉真一が今季初勝利 プレーオフで羽川豊破る

アンダーで並び、プレーオフに突入。1ホール目をバーディとした秋葉が羽川を振り切り、今季初勝利を挙げた。 通算9アンダーの3位にプラヤド・マークセン(タイ)。川岸良兼、鈴木亨、渡辺司の3人が通算7アンダーの4位で並んだ。
2017/08/05マルハンカップ 太平洋クラブシニア

羽川豊が首位発進 マークセンが1打差追う

として首位発進を切った。 5アンダーの2位にプラヤド・マークセン(タイ)とスティーブン・コンラン(オーストラリア)が続いた。 川岸良兼は2アンダーの12位、日本プロゴルフ協会会長の倉本昌弘はイーブンパーの26位でスタートした。競技は2日間。
2017/08/05マルハンカップ 太平洋クラブシニア

羽川豊が首位発進 マークセンが1打差追う

として首位発進を切った。 5アンダーの2位にプラヤド・マークセン(タイ)とスティーブン・コンラン(オーストラリア)が続いた。 川岸良兼は2アンダーの12位、日本プロゴルフ協会会長の倉本昌弘はイーブンパーの26位でスタートした。競技は2日間。
2017/03/03ダイキンオーキッドレディス

川岸史果が首位浮上 畑岡12位、宮里藍34位で決勝へ

、通算5アンダーに伸ばしてホールアウト。ともにツアー未勝利の大城さつきと首位に並んで大会を折り返した。 川岸は、ツアー通算6勝の男子プロ・川岸良兼の次女。アマチュア時から注目を集めながらプロテストでは失敗
2017/07/09~シニアを元気に~ KYORAKU MORE SURPRISE CUP 2017

室田淳が18勝目 シニアツアー最多記録を更新

位。川岸良兼は通算7アンダー16位。日本プロゴルフ協会会長の倉本昌弘は「73」とスコアを落とし、通算3アンダー23位でフィニッシュした。
2017/07/08~シニアを元気に~ KYORAKU MORE SURPRISE CUP 2017

溝口英二は堅守で最終日へ 室田淳が首位と2打差に浮上

を奪うなど、「66」でプレーした室田淳が浮上。通算8アンダー4位に久保勝美が続いた。 昨季賞金王のプラヤド・マークセン(タイ)は通算6アンダーの7位、尾崎直道が通算5アンダー11位に続く。日本プロゴルフ協会会長の倉本昌弘は「71」でプレーして、川岸良兼らと並び通算4アンダー17位で2日目を終えた。
2017/05/25リゾートトラストレディス

惜敗続きで得た経験 川岸史果、初Vまでの距離

◇国内女子◇リゾートトラストレディス 事前(25日)◇オークモントGC (奈良)◇6538yd(パー72) 川岸良兼の次女で今季好調の川岸史果は、開幕前日のプロアマ戦で最終調整した。ツアー6勝の父は
2017/05/04ワールドレディスサロンパス杯

「優勝争いしたい」川岸史果がプロ初メジャーで首位発進

◇国内女子メジャー◇ワールドレディスサロンパスカップ 初日(4日)◇茨城GC西コース(茨城県)◇6670yd(パー72) フル参戦初年度の今シーズン、ここまで賞金ランキング8位につける川岸史果(22
2017/04/02ヤマハレディース葛城

覚醒間近?ルーキー川岸史果が開幕5戦でシード当確

」。通算2アンダーの6位で4日間を終えた川岸史果は、今季5戦で3度目のトップ10入り。獲得賞金を2021万3000円として、来季の賞金シードをほぼ確実なものとした。 昨年のプロテストに合格し、今季は
2015/04/01ヤマハレディースオープン葛城

川岸良兼の次女・史果がプロデビューへ

男子ゴルフの川岸良兼の次女・川岸史果(20)が、2日(木)に開幕する国内女子ツアー「ヤマハレディースオープン葛城」でプロデビューを飾る。 川岸は失敗に終わった2013年のセカンドQT後に「アマチュア
2015/08/19PGA・JGTOチャレンジカップ in 房総

簗瀬元気が首位発進 川岸良兼ら9選手が1差を追う混戦/チャレンジ初日

。 首位と1打差、7アンダーの2位に金子敬一、姜志満、和田章太郎、秀島寛臣、松井弘樹、大川詩穏、小鯛竜也、岩本高志、川岸良兼の9選手。さらに1打差の6アンダー11位には、今季2勝の森本雄、同じく1勝の浅地洋佑ら4選手。首位と2打差に14選手がひしめく混戦の様相を呈している。