ニュース

国内男子大京オープンゴルフトーナメントの最新ゴルフニュースをお届け

首位・川岸良兼。丸山は4位と好位置!

先週は体調絶不調だった丸山茂樹だが、ほんの少しは快方に向かっているらしい。「ちょっとフラフラしてたけど、朝はトースト1枚食べたから。お腹はスカスカ状態」
昨日は目をつむって大京カントリーをイメージラウンドした。そして今日も「去年までとは違って、攻め方を考えてプレーしたんだ」という。バーディが7つ。ボギーが2つ。首位に3打差のまずまずの位置をキープ。
「最後まで夢を捨てたくなかったんで出場したんです。でも優勝しかないというのは、難しい。優勝できなくても後悔しないゴルフをしますよ」と丸山。

川岸良兼がなんと10ホールでバーディというすごいゴルフをした。ボギーが2つ。パーなんて全ホールの3分の1、6ホールしかない。「4日間を続けて満足できればそれでいいです。カシオもフェニックスも、すごくいい感じでプレーできました。スコアはともかく、満足感がありましたから」
結局はこれまで自分に自信がなかったのだと気がついた。「だから気持ちを持ち続けることができないで、コロコロ変わったんですね。それですぐ切れてしまう・・」 カシオやフェニックスのように自分なりに満足のできるゴルフを今週もやっていきたいのだという。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

1997年 大京オープンゴルフトーナメント




特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!