ニュース

国内シニアファンケルクラシックの最新ゴルフニュースをお届け

奥田靖己とF.ミノザが首位発進 リオ帰りの倉本昌弘は出遅れ

2016/08/19 15:44

◇国内シニア◇ファンケルクラシック 初日◇裾野カンツリー倶楽部(静岡県)◇6911yd(パー72)

初日に好スタートを切ったのは、ともに6バーディ、1ボギーの「67」をマークした奥田靖己フランキー・ミノザ(フィリピン)。5アンダーで首位に並ぶ上々の滑り出しを見せた。

4アンダーの3位に、尾崎直道白浜育男、中西信正の3人。3アンダーの6位に、加瀬秀樹水巻善典、飯合筆ら8人が続いた。

前年優勝の室田淳は、中嶋常幸らと並び1アンダーの19位。今季2勝で賞金ランク1位の崎山武志は、井戸木鴻樹プラヤド・マークセン(タイ)らと並びイーブンパーの26位。前週まで「リオデジャネイロ五輪」のゴルフ日本代表に帯同していた倉本昌弘は、8オーバーの74位と出遅れた。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2016年 ファンケルクラシック




特集

世界の一流選手のスイングをハイスピード動画でスロー再生。特定選手のスイングを正面・後方からじっくり研究したり、他の選手と比較してみるなど楽しみ方は色々。まずはとくとご覧あれ!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!