ニュース

国内シニア富士フイルムシニアチャンピオンシップの最新ゴルフニュースをお届け

奥田靖己が悲願のシニア初優勝 室田淳が賞金王戴冠

◇国内シニア◇富士フイルムシニアチャンピオンシップ 最終日◇ザ・カントリークラブ・ジャパン(千葉県)◇6,947ヤード(パー72)◇

国内シニアツアー「富士フイルムシニアチャンピオンシップ」の最終日は、初日から首位を守る奥田靖己と、賞金王戴冠のかかる室田淳の一騎打ちとなり、4バーディ、ノーボギーの「68」で回った奥田が通算12アンダーで、完全優勝で悲願のシニア初優勝を飾った。最終18番のボギーで2週連続優勝を逃した室田は、それでも、通算10アンダーの単独2位で、今季獲得賞金を5007万4000円に乗せ、最終戦を残して2007年以来3度目の賞金王を獲得した。

1番(パー5)でイーグルを奪うなど3打差スタートから猛然と追い上げた室田に、途中はかわされた奥田だが、持ち味のボギーを叩かない確実なプレーで食い下がり、通算11アンダーで並んで最終18番へ。室田が第2打をグリーン左サイドの池に入れてボギーとしたのに対し、奥田はしっかりバーディを奪って2打差をつけるフィニッシュとし、うれしいシニア初優勝をもぎ取った。

奥田、室田と同じ最終組でスタートした芹澤信雄は、優勝争いに加わることができず、通算9アンダーの3位。通算6アンダーの4位にアーマド・ベートマン(カナダ)が入り、通算5アンダーの5位タイには倉本昌弘羽川豊清水洋一の3選手が並んだ。

なお、大会ホストプロの青木功は2バーディ1ボギーの「71」をマークして、大会初日に続く1大会2度目のエージシュートを達成。国内ツアーでは初の快挙で会場を盛り上げ、通算イーブンパー24位タイで大会を終えた。

関連リンク

2013年 富士フイルムシニアチャンピオンシップ

【富士フイルムシニア】WEB無料招待券プレゼント

【富士フイルムシニア】WEB無料招待券プレゼント
2013シニアツアー最終決戦。無料招待券がもれなくもらえるチャンス。 磨き抜かれたプロの技術を目の当たりしよう。 来場者にはプレゼントも準備しております。



特集

世界の一流選手のスイングをハイスピード動画でスロー再生。特定選手のスイングを正面・後方からじっくり研究したり、他の選手と比較してみるなど楽しみ方は色々。まずはとくとご覧あれ!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~