ニュース

国内シニア富士フイルムシニアチャンピオンシップの最新ゴルフニュースをお届け

技を磨いて術になる…いぶし銀・奥田靖己の18年ぶりV

2013/11/09 20:08


千葉県にあるザ・カントリークラブ・ジャパンで開催された「富士フイルムシニアチャンピオンシップ」最終日、単独首位から出た奥田靖己が4バーディ、ノーボギーの「68」で逃げ切り、悲願のシニア初勝利を飾った。

「腰が抜けそうやったわ・・・」。優勝を決めるウィニングパットを沈めた瞬間の感想だ。この日は1番(パー5)をバーディ発進とした奥田は、ティショットをグリーン奥に外した4番(パー3)では、難しいライからのアプローチを約1メートルにつけパーセーブ。ピンチをパーで凌ぎ、じっくりチャンスを待つ持ち味のゴルフで最終日をプレーした。

猛追をかける室田に、後半の14番で一時は首位の座を譲ったが、「それまで張り詰めていたものが楽になった。追う側としてチャレンジャーになれたからね」と冷静さを失わなかった。第2打のミスショットで難しいアプローチを残した15番をパーで切り抜けると、16番では「15番のミスショットのおかげ」と、反省を生かした第2打をピンにからませ、バーディで室田に食らいついた。

首位に並んで迎えた最終ホールでは、残り約230ヤードの第2打で2オンに成功。室田はグリーンサイドの池に入れて痛恨のボギーフィニッシュとし、奥田は2パットでバーディを奪って勝負を決めた。

シニアツアーに参戦して4年。「以前ね、室田さんに言われたんですよ。2位が過去6回。『我慢したら必ずくるから』って」。当の室田も「日本シニアオープン」での4度の2位を経験し、今季は5度目にして優勝をつかんだ。その室田と最後まで競り合った末の勝利はまさに我慢の賜だった。

1985年にプロ転向し、シニアになった今も、心に刻んでいる師匠・高松志門プロの言葉があるという。「技を磨いて術になる。術を磨いて芸になる」。シニア初優勝を果たしても、「僕はせめて“術”にまでしたい」と、研鑽を続ける姿勢に変化はない。

1995年のレギュラーツアー「カシオワールドオープン」以来、実に18年ぶりだったツアー優勝。グリーンの優勝ジャケットを羽織った奥田は、次の目標について「プロとしてどうあるべきか、向き合うこと」と胸を張って決意表明した。
(千葉県木更津市/糸井順子)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2013年 富士フイルムシニアチャンピオンシップ

【富士フイルムシニア】WEB無料招待券プレゼント

【富士フイルムシニア】WEB無料招待券プレゼント
2013シニアツアー最終決戦。無料招待券がもれなくもらえるチャンス。 磨き抜かれたプロの技術を目の当たりしよう。 来場者にはプレゼントも準備しております。



特集

世界の一流選手のスイングをハイスピード動画でスロー再生。特定選手のスイングを正面・後方からじっくり研究したり、他の選手と比較してみるなど楽しみ方は色々。まずはとくとご覧あれ!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!