最近のニュース 新着一覧≫


2019/09/20日本シニアオープンゴルフ選手権競技

谷口徹は3打差独走で週末へ 倉本昌弘が5位タイ

なる週末に向けて好調をキープしたい。 トップから4打差の通算4アンダー3位タイに地元・日高市出身の清水洋一と田村尚之。2アンダー5位タイに日本プロゴルフ協会(PGA)会長の倉本昌弘ら3人がつけた。青木功以来の大会4連覇を狙うプラヤド・マークセン(タイ)は4オーバー39位タイと低迷が続いている。
2019/10/19トラストグループカップ 佐世保シニアオープンゴルフトーナメント

倉本昌弘が単独トップ 1打差に伊澤利光、塚田好宣ら

◇国内シニア◇トラストグループカップ 佐世保シニアオープンゴルフトーナメント 初日(19日)◇佐世保CC(長崎)◇6737yd(パー72) 日本プロゴルフ協会会長の倉本昌弘が7バーディ、2ボギー1
2019/06/16スターツシニアゴルフトーナメント

倉本昌弘が逆転優勝 谷口徹とのプレーオフ制す

◇国内シニア◇スターツシニアゴルフトーナメント 最終日(16日)◇スターツ笠間ゴルフ倶楽部(茨城県)◇6972yd(パー72) 首位と5打差の6位から出た63歳の倉本昌弘がこの日ベストの「64」を
2019/10/20トラストグループカップ 佐世保シニアオープンゴルフトーナメント

秋葉真一が逆転V ツアー通算5勝目

話した。 単独首位で出た日本プロゴルフ協会会長の倉本昌弘は6バーディ、3ボギー1ダブルボギーの「71」で回り、通算4アンダー2位に終わった。 通算3アンダー3位にソク・ジョンユル(韓国)と水巻善典の2人。通算2アンダー5位に米山剛、河村雅之、崎山武志、グレゴリー・マイヤーの4人が並んだ。
2019/04/12金秀シニア 沖縄オープンゴルフトーナメント

シニアデビューの手嶋多一が1打差2位 倉本昌弘が単独首位

倉本昌弘がボギーなしの6バーディ「66」でプレーし、6アンダーの単独首位発進を決めた。 1打差2位に西沢章夫と、今週がシニアデビュー戦の手嶋多一の2人。手嶋は7バーディ、2ボギーの「67」でまわり
2019/09/27YUKO GROUP PRESENTS セヴンヒルズカップ KBCシニアオープン

ソク・ジョンユル「62」で単独首位 倉本昌弘11位

。6アンダー6位に大会連覇を目指すタワン・ウィラチャン(タイ)ら5人が並んだ。 日本プロゴルフ協会(PGA)の倉本昌弘会長は5アンダー11位で初日を終えた。
2019/07/01記録

「全英オープン」歴代優勝者&日本人成績

イアン・ベーカーフィンチ 倉本昌弘 予落川岸良兼 予落 ロイヤルバークデール 1990 ニック・ファルド 尾崎直道 39位尾崎将司 予落羽川豊 予落※倉本泰信 予落青木功 予落 セント
2019/10/13日本プロゴルフシニア選手権大会 住友商事・サミットカップ

白潟英純がツアー初V 倉本昌弘、塚田好宣ら2位

・ウィラチャン(ともにタイ)、倉本昌弘、シニアルーキーの塚田好宣の4人。通算8アンダー6位に盧建順(台湾)が入った。 大会は台風19号の影響で3日目が中止となり、54ホールの短縮競技で実施。この日は18ホールの決勝ラウンドが行われた。
2019/02/08ギアニュース

倉本昌弘が5代目PHYZをアピール「試合でも使えそう」

ブリヂストンスポーツは8日、3月8日に5代目となるPHYZブランドが発売されることを記念して、ブリヂストンゴルフガーデンTOKYO(東京都千代田区)でブランドアンバサダーの倉本昌弘を招いたシーク
2018/11/01富士フイルム シニア チャンピオンシップ

田村尚之が首位 倉本昌弘は8位発進

に真板潔が続いた。 倉本昌弘は1アンダーの8位。前年大会覇者で、すでに3シーズン連続の賞金王を決めているプラヤド・マークセン(タイ)は1オーバーの15位と静かなスタートを切った。
2018/11/22いわさき白露シニアゴルフトーナメント

国内シニア最終戦 過去2勝の倉本昌弘ら出場

制した倉本昌弘が唯一の複数回優勝を記録している。 抜群の相性を誇る倉本をはじめ、前週の「ISPS・ハンダカップ・フィランスロピーシニアトーナメント」を制してディフェンディング大会に乗り込む寺西、中嶋常幸、尾崎直道、鈴木亨、ルーキーの伊澤利光らが出場する。
2019/05/31すまいーだカップ シニアゴルフトーナメント

デビッド・イシイが首位浮上 倉本昌弘は1打差2位で最終日へ

、通算11アンダーとして単独首位に浮上した。 通算10アンダーの2位に倉本昌弘。15位スタートから「65」をマークし、首位に1打差に詰め寄って最終日を迎える。 通算9アンダーの3位に、この日ベストスコア
2019/10/12石川遼 everyone PROJECT Challenge Golf Tournament

アマ杉原大河「まさか」の大逆転V 石川遼から祝福も

優勝記録> 【レギュラーツアー】 1980年「中四国オープン」倉本昌弘 2007年「マンシングウェアオープンKSBカップ」石川遼 2011年「三井住友VISA 太平洋マスターズ」松山英樹
2019/10/18トラストグループカップ 佐世保シニアオープンゴルフトーナメント

賞金トップのマークセン不在 タイトル争いは終盤戦

で同ランク2位のタワン・ウィラチャン(タイ)が約1000万円差、同3位の日本プロゴルフ協会会長、倉本昌弘が約1440万円差で追う展開となっている。
2019/10/10日本プロゴルフシニア選手権大会 住友商事・サミットカップ

最新1Wのマークセンら5人首位 前年Vの米山剛は1打差6位

ドライバー』を初投入。「飛距離も出ていたので良かった」と好感触を口にし、2016年に続く大会2勝目へ好スタートを切った。 4アンダー6位に前年覇者の米山剛、塚田好宣ら7人。3アンダー13位に倉本昌弘、鈴木亨
2019/10/11日本プロゴルフシニア選手権大会 住友商事・サミットカップ

白潟英純が首位 3日目は競技中止で短縮へ

7アンダーの4位に倉本昌弘、プラヤド・マークセン(タイ)、柳沢伸祐、大山健、盧建順(台湾)の5人が並んだ。