2018/10/24パナソニックオープン インディア

舞台はインド・デリー 長谷川祥平らが出場

3勝目を挙げた。9位タイまでの10人のうち、9人をインド勢が占めた。 今季ツアー初優勝したパヌポール・ピッタヤラットやジャズ・ジェーンワタナノンドらタイの若手も出場する。 日本からは今年3月にアジアン下部ツアーで優勝した長谷川祥平、新木豊が出場予定だ。
2018/03/26

長谷川祥平がアジア下部ツアー初優勝

インドネシア・ジャカルタ近郊のボゴールで行われたアジアンツアー下部ADTの「OBゴルフ招待」で24日、24歳の長谷川祥平がツアー初優勝を飾った。 大会3日目を終えて通算10アンダーとし、2位に1打差
2018/07/06サラワク選手権

長谷川祥平は19位 ピーターソンが首位守る

アンダーとし初日からの単独首位を守った。 1打差の2位にジョン・カトリン、2打差の3位にダンタイ・ブーンマ(タイ)、ハビエル・コロモ(スペイン)が続いた。 15位タイで出た長谷川祥平は3バーディ、1ボギーの「70」でプレーし、首位と8打差の9アンダー19位タイに下がった。
2018/05/17アジアパシフィッククラシック

長谷川祥平が首位と2打差の13位発進

アンダーのトップに立った。 日本からは5選手が出場し、24歳の長谷川祥平が5バーディ、1ボギーの「68」で回り4アンダーの13位タイにつけた。長谷川は今年3月にインドネシアで行われたアジアン下部ツアー
2018/05/19アジアパシフィッククラシック

長谷川祥平がアジアンツアー初優勝へ 3打差3位に浮上

長谷川祥平が、4バーディ、1ボギーの3アンダー「69」で通算10アンダーへとスコアを伸ばし、首位と3打差の3位に浮上した。 3月末にインドネシア開催のアジア下部ツアーで初優勝を飾った長谷川は、先週の
2018/05/18アジアパシフィッククラシック

長谷川祥平が首位と3打差の7位に浮上

・スリトン(タイ)が通算10アンダーの首位に立った。 トップと2打差13位タイから出た長谷川祥平は「69」で回り通算7アンダーの7位タイに浮上した。 副田裕斗は通算1アンダーの47位タイで決勝ラウンドに
2018/12/01アフラシアバンク・モーリシャスオープン

川村昌弘は7位に後退 亀代順哉と長谷川祥平は予選落ち

フランス)が続いた。 3位から出た川村昌弘は6バーディ、3ボギー1ダブルボギーの「71」とし、通算8アンダーの7位タイに後退。首位と6打差で決勝ラウンドに進んだ。 亀代順哉は通算1オーバーの89位、長谷川祥平は通算6オーバーの135位で予選落ちした。
2018/07/07サラワク選手権

長谷川祥平は17位 ジョン・カトリンが2勝目

、ジャズ・ジェーンワタナノンドのタイ勢が入った。 長谷川祥平は7バーディ、1ボギー1ダブルボギーの「68」でプレーし、通算13アンダーの17位で終えた。
2018/06/27クイーンズカップ

タイでの大会 長谷川祥平と新木豊が出場

(マレーシア)がツアー初優勝を遂げた。 日本からは長谷川祥平と新木豊が出場する。日本ツアーで戦う地元タイのタンヤゴーン・クロンパも参戦。連覇を目指すファンのほか、シディクール・ラーマン(バングラデシュ)、ガガンジート・ブラー(インド)、タワン・ウィラチャン(タイ)らアジアの強豪が集結する。
2018/06/29クイーンズカップ

長谷川祥平と新木豊は62位発進 地元タイ勢が好スタート

」を制したポール・ピーターソン(米国)のほか、ダンタイ・ブーンマ(タイ)、シディクール・ラーマン(バングラデシュ)の3人が続く。 日本から出場の長谷川祥平と新木豊は、ともに1アンダーの62位タイで初日を終えた。
2018/08/10テイクソリューションズ・マスターズ

長谷川祥平が24位発進 かつて日本でプレーした49歳が首位

ツアーに加わり、07年まで4シーズンをプレーした。優勝はなく、賞金ランキングの最高位は04年の57位だった。 日本勢は3人がエントリー。今季アジア下部ツアー1勝の長谷川祥平が2アンダーの24位。1オーバーの92位に高橋賢と新木豊が続いた。
2018/09/26マーキュリーズ台湾マスターズ

舞台は台湾 地元勢がタイトル奪還に挑む

◇アジアンツアー◇マーキュリーズ台湾マスターズ 事前◇台湾G&CC(台湾) 台湾2連戦の初戦は、台北近郊にある名門コースが舞台。昨年大会最終日は2位から出たガビン・グリーン(マレー...
2018/05/20アジアパシフィッククラシック

長谷川は届かず4位 ジョン・カトリンが初優勝

祥平は、最終日を3バーディ、ノーボギーの「69」。通算13アンダーとしたものの、首位から出たジョン・カトリンも同じく3つスコアを伸ばして通算16アンダーで逃げ切った。長谷川は3打差の4位に終わった
2019/12/15インドネシアマスターズ

ジャズが「62」で単独首位 浅地洋佑13位

落とした片岡大育。通算5アンダー28位に長谷川祥平、通算2アンダー42位に水野眞惟智、通算1オーバー61位に大槻智春が続いた。
2019/12/14インドネシアマスターズ

片岡大育が8位に浮上 日本勢は5人が決勝へ

位から出た片岡大育は「67」と伸ばし、通算8アンダーの8位で決勝へ。浅地洋佑は通算6アンダーの14位。長谷川祥平と水野眞惟智は通算5アンダーの22位、大槻智春はカットライン上の通算1アンダー60位で週末へ進んだ。 松原大輔は通算4オーバーの113位で予選落ちした。
2019/12/11インドネシアマスターズ

浅地洋佑、片岡大育ら日本勢6人が出場

、国内男子の来季シードを喪失し、ファイナルQTでも49位に終わった片岡大育はじめ、浅地洋佑、大槻智春、長谷川祥平、松原大輔、水野眞惟智の6人が出場する。
2019/12/16インドネシアマスターズ

ジェーンワタナノンドが今季3勝目 浅地洋佑14位

通算10アンダーで日本勢最上位の14位。28位から出て「68」でプレーした長谷川祥平が通算9アンダー15位タイで続いた。ほかの日本勢は、水野眞惟智が通算5アンダー39位、片岡大育が通算4アンダー45位、大槻智春が通算3オーバー60位で終えた。