2018/10/28パナソニックオープン インディア

地元インドのジョシが首位浮上 新木豊は4打差6位

、シディクール・ラーマン(バングラデシュ)に並ぶ通算13アンダーの首位に浮上した。 アジーテシュ・サンドゥ(インド)が1打差の3位、スラジット・ヨンチャロエンチャイ(タイ)が通算11アンダーの4位に続いた。 39歳の新木は「70」で回り、首位と4打差の通算9アンダーの6位につけた。
2018/10/27パナソニックオープン インディア

新木豊が4打差6位 ヨンチャロエンチャイが首位キープ

ワタナノンド(タイ)がつけた。16位から出た新木は5連続バーディを含む6バーディ、1ボギーの「67」でプレー。通算7アンダーで6位に浮上した。 昨年覇者のシブ・カプール(インド)は21位。長谷川祥平は通算5オーバー90位で予選落ちを喫した。
2019/11/21サバマスターズ

コンワットマイら首位発進 水野眞惟智と新木豊が44位

(インドネシア)、デビッド・グリーソン、アーロン・ウィルキン(ともにオーストラリア)の4選手が5アンダーで首位に並んだ。 日本勢は水野眞惟智と新木がイーブンパーの44位タイ。川口雅晴は6オーバー114位タイと出遅れた。
2018/06/27クイーンズカップ

タイでの大会 長谷川祥平と新木豊が出場

(マレーシア)がツアー初優勝を遂げた。 日本からは長谷川祥平と新木が出場する。日本ツアーで戦う地元タイのタンヤゴーン・クロンパも参戦。連覇を目指すファンのほか、シディクール・ラーマン(バングラデシュ)、ガガンジート・ブラー(インド)、タワン・ウィラチャン(タイ)らアジアの強豪が集結する。
2018/06/29クイーンズカップ

長谷川祥平と新木豊は62位発進 地元タイ勢が好スタート

」を制したポール・ピーターソン(米国)のほか、ダンタイ・ブーンマ(タイ)、シディクール・ラーマン(バングラデシュ)の3人が続く。 日本から出場の長谷川祥平と新木は、ともに1アンダーの62位タイで初日を終えた。
2018/07/01クイーンズカップ

J.ジェーンワタナノンドがツアー2勝目 新木豊は60位

ボギーの「71」とスコアを伸ばせず、通算15アンダーの2位。通算14アンダーの3位にパビット・タンカモルプラスート(タイ)、キム・シバンが並んだ。 67位から出た新木は3バーディ、4ボギーの「72」でプレー。通算1オーバー60位で大会を終えた。
2018/06/30クイーンズカップ

タイの22歳が首位キープ 新木豊は67位

パビット・タンカモルプラスート(タイ)。ツアー2勝のプーム・サクサンシン(タイ)が通算11アンダーでミゲル・タブエナ(フィリピン)と並んで7位とした。 52位から出た新木は「74」とスコアを落とし、通算イーブンパー67位に順位を落とした。
2018/06/30クイーンズカップ

新木豊は52位で決勝へ タイ出身の22歳が首位浮上

、ミゲル・タブエナ(フィリピン)、ガガンジート・ブラー(インド)の4人が続いた。 日本勢は2人が出場。62位からスタートした新木は4バーディ、1ダブルボギーの「69」と2つ伸ばし、通算3アンダーの52位で
2019/11/21サバマスターズ

20年ぶりに昇格のマレーシア大会 日本勢3人が出場

、マレーシアのボルネオ島北部・サバ州にあるシーサイドコース。地名を冠した今大会は長くアジア下部のADTツアーで開催されてきたが、今季は20年ぶりにレギュラーツアーでの実施となる。 日本勢は、水野眞惟智、新木、川口雅晴の3人が出場を予定している。
2019/11/22サバマスターズ

雷雲接近でサスペンデッド 水野眞惟智が決勝ラウンドへ

2アンダーの予選通過圏内でホールアウト。新木が通算4オーバー、川口雅晴は通算14オーバーで終え、ともに決勝ラウンド進出は厳しい状況となっている。 あす午前7時から第2ラウンドを再開し、午前10時以降に第3ラウンドが始まる予定。
2019/11/23サバマスターズ

連日のサスペンデッド 決勝進出の水野眞惟智は暫定34位

イーブンパーとし、通算2アンダーの34位につけている。新木は通算4オーバー、川口雅晴は通算14オーバーで予選落ちした。 第3ラウンドは24日(日)の午前7時に再開し、同8時40分から最終ラウンドをスタートする予定。
2018/07/04サラワク選手権

長谷川、新木は出遅れ 「63」のピーターソンが首位

首位で発進した。 マーク・ブラウン(ニュージーランド)が2打差の7アンダー2位、前週にツアー2勝目を挙げたジャズ・ジェーンワタナノンド(タイ)ら5人が6アンダーの3位で続いた。 長谷川祥平は1アンダーの70位、新木は4オーバーの138位と出遅れた。
2019/04/20

21歳の関藤直熙が初優勝/アジア下部ツアー

ほか、長谷川祥平、新木、水野眞惟智の4人がタイトルを手にするなど、近年は多くの日本勢がアジアを舞台に躍進している。 関藤は2018年からアジア下部ツアーに本格参戦。昨季は13試合に出場し、賞金
2019/04/17i Golf Shaper Challenge in 筑紫ヶ丘

川崎志穂が男子下部ツアーで「73」の70位発進

シーズン第2戦が17日、開幕した。34歳の北村晃一がボギーなしの8バーディ「64」でプレーし、8アンダーの単独首位に立った。 新木とダンタイ・ブーマ(タイ)の2人が6アンダーとして2打差の2位につけた