ニュース

アジアンテイクソリューションズ・マスターズの最新ゴルフニュースをお届け

長谷川祥平が24位発進 かつて日本でプレーした49歳が首位

◇アジアンツアー◇テイクソリューションズ・マスターズ 初日(9日)◇KGAゴルフコース (インド) ◇7074yd(パー71)

9アンダー「62」で飛び出したのは、かつて日本ツアーを主戦場にしていた49歳のサマヌーン・スリロット(タイ)。最初の10番から5連続バーディで流れに乗り、後続に4打のリードを築いた。

スリロットは2004年までにアジアンツアーで5勝をマーク。同年から日本のレギュラーツアーに加わり、07年まで4シーズンをプレーした。優勝はなく、賞金ランキングの最高位は04年の57位だった。

日本勢は3人がエントリー。今季アジア下部ツアー1勝の長谷川祥平が2アンダーの24位。1オーバーの92位に高橋賢新木豊が続いた。

関連リンク

2018年 テイクソリューションズ・マスターズ




特集

世界の一流選手のスイングをハイスピード動画でスロー再生。特定選手のスイングを正面・後方からじっくり研究したり、他の選手と比較してみるなど楽しみ方は色々。まずはとくとご覧あれ!
HIGHLIGHT 大堀裕次郎
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~