2019/06/17記録

「全米オープン」歴代優勝者&日本人成績

昌弘 予落石川遼 予落薗田峻輔 予落 チェンバーズベイ 2014 M.カイマー 松山英樹 35T谷口 67位矢野東 予落宮里聖志 予落 パインハーストNo.2 2013 J.ローズ 松山英樹
2019/12/14日立3ツアーズ選手権

渋野日向子と石川遼が同組対決 前売り券は前年比150%

前売り券の売れ行きは前年比150%。ファンの期待をさらに高めた形だ。 前年優勝のPGAチーム・倉本昌弘と谷口を交える組に石川は「夢のようなラウンドになると思う。こういう大会じゃないと渋野選手や鈴木
2019/12/14日立3ツアーズ選手権

3ツアー対抗戦で石川遼、渋野日向子らが激突

。 前年6年ぶりに優勝したPGAチームは前年MVPのプラヤド・マークセン(タイ)、賞金王のタワン・ウィラチャン(タイ)のほか、JGTOチームとして4度出場経験があり、今年からシニア入りした谷口が推薦枠で出場する。
2019/12/15日立3ツアーズ選手権

LPGAが4年ぶり優勝 MVPは小祝さくら/3ツアー対抗戦

のフォアサム(1つのボールを交互に打ったスコアを記録)ではLPGAが8.5ptを加算して他チームを引き離し、2位のPGAに4pt差をつける圧勝。小祝と上田桃子が4アンダーの1位で終えたほか、再び最終組でタッグを組んだ渋野と鈴木も4アンダーとし、谷口と倉本昌弘が組んだPGAと1位を分け合った。
2019/12/02カシオワールド

片岡大育がシード落ち 地元で最後に今季ベスト「不思議な一日だった」

、片岡大育、※額賀辰徳、P.マークセン、※川村昌弘、上井邦裕、竹安俊也、セン世昌、※近藤智弘、※木下裕太、キム・ヒョンソン、※T.クロンパ、R.ワナスリチャン、※谷口、※D.オー、大堀裕次郎、※宮里優作 (注)※は賞金ランキング以外の出場資格保持者
2019/11/25日立3ツアーズ選手権

3ツアー対抗戦 渋野日向子が初出場

(初)、小祝さくら(2)、上田桃子(5) ■国内シニアツアー プラヤド・マークセン(4)、タワン・ウィラチャン(初)、倉本昌弘(4)/(以下会長推薦)秋葉真一(3)、谷口(初)、グレゴリー・マイヤー
2019/11/28カシオワールド

47歳の宮本勝昌が単独首位 石川遼14位 今平周吾は出遅れ

出場権をすでに持ち、「僕はもうシニアに向けてのカウントダウン」と笑う。一方では優勝で得た来季からの2年シードで「50歳になる年もレギュラーツアーに出られる」。老け込む様子はなく「谷口さん、手嶋多一
2018/10/12日本オープン

「最初で最後のチャンス」50歳の谷口徹が掲げる野望

(2004、07年)を誇る50歳の谷口も3打差の4アンダー11位につけた。 「疲れましたね。練習場でアドレナリンが出過ぎちゃって、コントロールするのが難しかった」というのは、この日のペアリングが原因だ
2019/06/16スターツシニアゴルフトーナメント

倉本昌弘が逆転優勝 谷口徹とのプレーオフ制す

マークし、通算11アンダーで首位に並んだ谷口とのプレーオフを1ホール目で制して逆転優勝。2016年の最終戦「いわさき白露シニアゴルフトーナメント」以来、3季ぶりのシニアツアー通算8勝目を挙げた。 18
2019/06/14スターツシニアゴルフトーナメント

マークセンが7アンダーで首位発進 2打差に谷口徹

(タイ)が8バーディ、1ボギーの「65」で回り、7アンダーの単独首位で滑り出した。 5アンダー2位に谷口。4アンダー3位でシニア2戦目の手嶋多一、秋葉真一が続いた。 3アンダー5位に中島武志、高見和宏、深堀圭一郎、溝口英二、加瀬秀樹、タワン・ウィラチャン(タイ)の6人が並んだ。
2019/06/15スターツシニアゴルフトーナメント

マークセン大会3連覇に王手 谷口1打差2位で最終日へ

」でプレーし、通算8アンダーで単独トップを守った。昨季まで3年連続賞金王が大会3連覇に王手をかけた。 2打差2位で出た谷口は「70」で回り通算7アンダー2位とし、首位との差を1打に縮めて、今季シニア
2019/11/01マイナビABC選手権

岩田寛が首位キープ 後続に2打差

覇者の木下裕太はスコアを落とし、通算イーブンパー52位とカットライン上で決勝ラウンドに進んだ。 谷口は通算1オーバー61位、池田勇太は通算3オーバー76位で予選落ちとなった。
2019/09/19日本シニアオープンゴルフ選手権競技

出身高校までは1.4km 清水洋一の地元と初勝利への期待

谷口、手嶋多一という“レギュラー(ツアー)チーム”はこういうコース、セッティングでもしっかり上位に来る」と、あくまで謙虚だった。 「優勝したいのはありますけど、あくまで、一生懸命やって争えれば。うちの
2019/09/26パナソニックオープン

今平周吾ら3人が首位発進 石川遼は73位

人が並んだ。 賞金ランキングトップの石川は3バーディ、4ボギーの「72」とし、星野陸也、谷口らとともに1オーバーの73位。