最近のニュース 新着一覧≫


2021/09/10コマツオープン

井戸木鴻樹と清水洋一が首位浮上 伊澤利光3打差

。 1打差3位にグレゴリー・マイヤー。通算8アンダー4位に手嶋多一と羽川豊が並んだ。 首位から出た伊澤利光は「72」で通算7アンダー6位。日本プロゴルフ協会(PGA)会長の倉本昌弘は通算3アンダー20位
2021/08/21ファンケルクラシック

伊澤、田村、崎山、阿原の4人が首位で最終日へ

◇国内シニア◇ファンケルクラシック 2日目(21日)◇裾野CC(静岡)◇7009yd(パー72) 首位で出た伊澤利光と田村尚之、シニア8勝の崎山武志、今年シニアデビューの阿原久夫が通算8アンダーの
2021/04/15ノジマチャンピオンカップ 箱根シニアプロゴルフトーナメント

寺西明が開幕2連勝へ首位発進 シニアデビューの宮瀬博文は3位

トーナメント」で優勝した寺西明が「65」で回り、7アンダーの単独首位発進を決めた。昨季の賞金王は2週連続優勝に2日間大会で王手をかけた。 1打差の2位に伊澤利光。11日に50歳になり、今大会がシニアデビューの
2021/05/24記録

「全米プロゴルフ選手権」日本人成績

2003 伊澤利光18T丸山茂樹48T片山晋呉、谷口徹予落 2002 丸山茂樹43T伊澤利光53T手嶋多一、谷口徹、片山晋呉予落 2001 片山晋呉4T丸山茂樹22T谷口徹、尾崎直道、田…
2021/09/11コマツオープン

井戸木鴻樹が今季2勝目 2位に清水洋一

HANDA 楽しく面白いシニアトーナメント」以来となる今季2勝目、ツアー3勝目を挙げた。 同じく首位から出た清水洋一は「67」で回り、通算15アンダー2位。通算14アンダー3位に伊澤利光が入った。 前回
2021/02/25

ゴルフきょうは何の日<2月25日>

2001年 伊澤利光がツアー史上最多6人のプレーオフで惜敗 カリフォルニア州のリビエラCCで行われた「ニッサンオープン」で、伊澤利光が最終日に猛チャージしてツアー史上最多タイとなる6人によ…
2021/04/12マスターズ

「マスターズ」歴代日本人成績

予落 2004 丸山茂樹 予落伊澤利光 予落 2003 片山晋呉 T37丸山茂樹 予落谷口徹 予落伊澤利光 予落 2002 丸山茂樹 T14伊澤利光
2021/06/12スターツシニアゴルフトーナメント

谷口徹とT.ウィラチャンが首位並走で最終日へ

)が通算12アンダーで並び、後続に1打差で最終日に臨む。 通算11アンダー3位に「64」をマークした宮瀬博文。今年シニアデビューの細川和彦が9アンダー4位、伊澤利光が8アンダー5位で続いた。 前回の2019年大会覇者の倉本昌…
2021/06/04すまいーだカップ シニアゴルフトーナメント

ウィラチャンが盤石の4打差首位 丸山大輔とマークセンが追う

)が6アンダー4位で続いた。 伊澤利光、川岸良兼、今年シニアデビューの細川和彦らが通算2アンダー9位につけた。 倉本昌弘は「77」と崩れ、39位。今季1勝の寺西明は腰痛のため、第2ラウンドのスタート前に棄権した。
2021/04/16ノジマチャンピオンカップ 箱根シニアプロゴルフトーナメント

篠崎紀夫がプレーオフ制してツアー2勝目 寺西明1打差

月「マルハンカップ 太平洋クラブシニア」以来となるツアー2勝目をあげた。 1イーグル6バーディ、2ボギーの「66」でプレーし、通算10アンダーで宮瀬博文、伊澤利光と並んでホールアウト。18番(パー4
2021/06/05すまいーだカップ シニアゴルフトーナメント

ウィラチャンが完全優勝で通算4勝目 マークセンが2位

(ニュージーランド)、清水洋一。通算6アンダー7位に伊澤利光、白潟英純。 大会3連覇がかかっていた山添昌良は、水巻善典、川岸良兼、宮瀬博文と並んで通算5アンダー9位だった。
2021/06/03すまいーだカップ シニアゴルフトーナメント

19年賞金王のウィラチャンが2季ぶりツアー復帰戦で首位発進

)。4アンダー4位にウィラチャンと同じく2019年シーズン以来のツアー復帰となるプラヤド・マークセン(タイ)のほか、伊澤利光、奥田靖己、阿原久夫、宮瀬博文が続いた。 今季第2戦を制した篠崎紀夫は3アンダー
2021/04/10金秀シニア 沖縄オープンゴルフトーナメント

昨季賞金王・寺西明が開幕戦制す 通算5勝目

、3ボギーの「72」とスコアを伸ばせなかった。今大会でシニアデビューを果たした細川和彦が清水洋一と並んで通算2アンダー3位に入った。 同じくシニアデビューした丸山大輔は伊澤利光と並んで通算1アンダー6
2012/12/21

GDO編集部が選ぶ 2012年国内男子ツアー10大ニュース

・藤本佳則が逆転勝利 タイトル奪還に貢献! ・キョンテが決めた!アジア勢がプレーオフでタイトル奪還 ■■■ 第5位 ■■■ <丸山茂樹、伊澤利光がシード喪失> 大会終了後に来シーズンのシード権が