最近のニュース 新着一覧≫


2018/04/19モテゴル研究部

国産アイアン発祥の地 市川町で工場見学

「ゴルフと世間をつなぐために、 ゴルフに関する様々な話題を世の中に発信し、あわよくばモテること」 をモットーとする集団『GDOモテゴル研究部』。 大阪支社のはっしーに呼び出された面々は、 アイアン
2019/01/10ギアニュース

ゼクシオシリーズから飛び系アイアンが登場

住友ゴム工業は「ゼクシオ クロス アイアン」を3月9日に発売すると発表した。 ロフト角は7番で25度。ロフトが立った「飛び系」に分類されるアイアンだが、飛距離性能だけでなく、優れた直進性を併せ持つと
2019/05/22ギアニュース

ピンから“青写真”という名の鍛造マッスル誕生

ピンゴルフジャパン(本社・埼玉県戸田市)は21日、同社史上初の鍛造マッスルバック「ブループリント(BLUEPRINT)アイアン」を、8月8日に発売すると発表した。 極限までオフセットを減らし、操作性
2019/03/17マスターズ

マスターズへ今平周吾はアイアンを2年ぶりに入れ替え

2018年の賞金王・今平周吾は17日(日)、初出場する海外メジャー「マスターズ」(4月11日~/ジョージア州オーガスタナショナルGC)に向けて「アイアンとショートゲームで勝負する」と強調し、2年ぶり
2019/05/25クラブ試打 三者三様

M5 アイアン/ヘッドスピード別試打

ウッドの評判が高いMシリーズ、ではアイアンは!? 発売から約3カ月が過ぎたが、いまだ注目度の高いテーラーメイド「M5/M6」シリーズ。ウッドには賞賛の声が集まっているが、アイアンはそれほど大きな反響
2019/05/18クラブ試打 三者三様

G410 アイアン/ヘッドスピード別試打

ウッドが大人気の「G410」… アイアンはどう? 今春発売した話題作の中でも、1、2を争うほどヒットを飛ばしているピン「G410」シリーズ。ドライバーを使用したピン契約の女子プロが開幕戦から連勝した
2019/05/11クラブ試打 三者三様

APEX アイアン/ヘッドスピード別試打

あの名器は進化した? “キャロアイアン”の新モデル キャロウェイ「APEX アイアン」は前作2016年モデルが軟鉄鍛造の打感と飛距離性能を両立していると、米国市場で多くの支持を得た。その後継として
2018/12/06

「ゴルフは平和の象徴だ」ZOZO前澤社長インタビュー

から解放されると、自然とゴルフへの情熱が言葉になってあふれてくる。 「ドライバーは47.25インチと長めのものを使っています。(テーラーメイドの)M4を。ロフト角は10度。アイアンはタイトリストのAP3
2019/04/16マーク金井の試打インプレッション

シャープでやさしく、心地良い打感「ピン G410 アイアン」

ピンのキャビティアイアン史上最大のたわみと飛びを実現したという「G410 アイアン」。その飛距離と寛容性の高さで発売早々から人気が高まっている。マーク金井が徹底試打を行い、人気の秘密を解明する
2019/03/26初心者向けクラブ選び

アイアンの選び方

アイアンの形状は主に3つ 1ラウンドで14本まで使えるゴルフクラブのうち、アイアンは6~10本が1セットになっています。グリーンを狙うクラブのアイアンは「距離の打ち分け」が主目的なので、本数が多い
2018/10/27ツアーギアトレンド

小田孔明はアイアンにキレ 最新モデルを絶賛

タイに順位を上げ、首位と5打差で決勝ラウンドへ折り返した。 夏場から調子を落としていたが、10月に入り復調の傾向にある。「アイアンがいい。久しぶりにアンダー、アンダーと来ているし、ゴルフが良くなってきて
2019/02/16クラブ試打 三者三様

TW747 P アイアン/ヘッドスピード別試打

、高弾道で飛距離を追求したポケットキャビティ構造の「TW747 P アイアン」をピックアップ。ヘッドスピード(以下HS)の異なる有識者3人が試打し、評価した。 試打者はドライバーのHS30台の女子プロ