2018/03/22中古ギア情報

契約フリーで目立つアイアンの共通点は

いる。 クラブ契約がフリーになった穴井はドライバーを「テーラーメイド M3 460」、アイアンは「ミズノ MP-66」に変更。ヨネックスと契約していたアン・ソンジュ(韓国)もフリーとなって「ミズノ
2018/03/03ツアーギアトレンド

開幕戦予選ラウンドの飛距離トップ10と使用ギア

:スリクソン Z765 ドライバー(ダンロップ) 昨年の「日本女子オープン」制覇と同じ1Wを継続使用。158cmの小柄ながら上位を脅かすパワーを秘めている。 2位 穴井 257yd 1W:M3
2018/03/30ヤマハレディース葛城

自らデザイン 青木瀬令奈の地元愛ウェッジと似顔絵ボール

提案して赤文字で名前を刻印したほか、「わたし的に最大のポイントです」というハートマークを入れた。穴井らも同メーカーの製品を使っていたとし、「飛ばし屋さんが入れるってことは、本当に良いものだという証明
2018/03/29ヤマハレディース葛城

エースを決めた永井花奈が首位発進 渡邉彩香は「83」で最下位

、武尾咲希、笠りつ子、申ジエ(韓国)、穴井、藤本麻子の6人が並んだ。 昨年覇者のイ・ミニョン(韓国)は1オーバーの24位。2015年大会を制した渡邉彩香は2バーディ、4ボギー3ダブルボギー1トリプルボギー「83」の11オーバーで、最下位の114位タイと大きく出遅れた。
2017/09/01ゴルフ5レディス

木戸愛が単独首位 連覇を目指す穴井詩は30位

プロアマ戦を途中で棄権した同ランク1位のキム・ハヌル(韓国)は3バーディ、2ボギー1ダブルボギーの「73」として、1オーバーの16位で初日を終えた。 大会連覇を目指す穴井は2オーバーの30位。
2017/12/01ザ・クイーンズ

キャプテン成田美寿々は「悔しい」初日 日本勢コメント集

した日本ツアー勢のコメントは以下の通り。 ■笠りつ子&穴井 欧州ツアーに2&1で勝利 <笠> アイアンのベタピンもあったし、ちゃんに助けられたところもあった。私は先週からリコーでちゃんと2日間
2016/09/05優勝セッティング

「ゴルフ5レディス」穴井詩の優勝セッティング

日時:2016年9月2日~4日 開催コース:ゴルフ5カントリー美唄コース 優勝者:穴井 プロ9年目の穴井が初優勝した。鈴木愛、申ジエ(韓国)と並び首位タイで出ると最終日に5つ伸ばして競り勝った
2017/12/09

シミュレーションゴルフ「WGTOUR」を初開催

プロゴルファーが参加したシミュレーションゴルフ大会「WGTOUR JAPAN 2017」が9日(土)、初めて開催された。 女子プロの穴井、青山加織ら16選手が出場。東京都千代田区の室内練習場
2017/11/30ザ・クイーンズ

“成田ジャパン”で王座奪還へ 威信かけ4ツアー対抗戦

の笠りつ子、川岸史果、比嘉真美子、堀琴音、西山ゆかり、穴井。 昨年覇者の韓国チームは日本ツアー賞金ランキング4位のキム・ハヌルがキャプテンを務めて連覇を狙う。韓国ツアー賞金女王のイ・ジョンウン、同2
2017/12/02ザ・クイーンズ

日本は優勝決定戦に進出 韓国と対決へ/4ツアー対抗戦

穴井、比嘉真美子が敗れると、上田桃子も欧州のホラー・クリバーン(イングランド)に敗退した。 昨年大会で主将を務めた笠りつ子は豪州のサラ・ジェーン・スミス(オーストラリア)を2&1で破り、堀琴音は豪州の
2017/12/01ザ・クイーンズ

日本は2勝1分1敗 全勝韓国に続いて2位/4ツアー対抗戦

を獲得。全勝で8ptとした前年優勝の韓国ツアーに続き、初日を2位で終えた。 先陣を切ったのは笠りつ子と穴井。欧州ツアーを2&1で破り、幸先よく2ptを先制する。キャプテン・成田美寿々と比嘉真美子は
2017/11/23ツアー選手権リコーカップ

女王候補たちが上位にズラリ 鈴木愛は7位発進

アンダーの単独首位で滑り出した。僅差で賞金女王争いの主役たちが上位に続き、初日を終えて加熱さを増す展開になった。 3アンダーの2位に穴井と笠りつ子。逆転タイトルには優勝が最低条件となる賞金ランキング
2017/11/24ツアー選手権リコーカップ

テレサ・ルーが首位キープ 鈴木愛は11位に後退

ボギーの「68」でプレーし、通算8アンダーで単独首位を守った。2打差の通算6アンダー2位に、優勝で逆転女王の可能性があるイ・ミニョン(韓国)。通算4アンダーの3位に笠りつ子と穴井が並んだ。 イと
2017/11/13ザ・クイーンズ

日本チーム主将は成田美寿々/女子4ツアー対抗戦

た。 2年ぶり2度目の優勝を目指す日本チームは、賞金ランク(「日本女子オープン」終了時)で選出された成田、鈴木愛、川岸史果、笠りつ子、上田桃子、比嘉真美子、堀琴音に加えて主催者推薦で西山ゆかり、穴井
2017/11/16大王製紙エリエールレディス

賞金女王へ鈴木愛が2位発進 3打差首位に全美貞

チャンピオンシップリコーカップ」を残して初の賞金女王戴冠が決まる。キムはこの日、上田桃子らと並び1アンダーの22位タイでスタートした。 4アンダーの3位タイに東浩子、松田鈴英、堀琴音、穴井。賞金ランク3位のイ・ミニョン