ニュース

国内女子ニトリレディスゴルフトーナメントの最新ゴルフニュースをお届け

2週連続&2連覇を狙うアンが穴井を急追

初日から断続的に降り続く雨に、2日目は風も加わる難コンディションとなった「ニトリレディス」。初日「74.8」、2日目「75.7」と低調な平均ストロークが、選手たちの苦しみを雄弁に物語っていた。

初日を6アンダーの単独首位で終えた穴井詩は、2日目のスタート前に同門の堀奈津佳に声を掛けられた。「先輩、まだ2日目ですよ!」。自分では意識していない緊張感だったのか、「楽しみという気持ちの方が強かったけど、ちょっとだけソワソワしていたみたいです」と苦笑いで振り返った。

10番から出て、序盤は2つのバーディを先行させたが、雨脚の強くなった後半はボギーとバーディが交互に来る展開。4番でカラーから25メートルほどのパットを8メートルもショートさせてボギーとすると、最終9番でも再びカラーから13メートルをパターで2メートルショートさせてのボギーフィニッシュ。スコアはかろうじて「72」にまとめ、通算6アンダーの単独首位には踏みとどまったが、ツアー初優勝を目指す穴井は「4番で1回やっているのに、9番で同じことをしたのが悔しい」と、視線を落とした。

一方、首位の穴井に迫ったのは、この日「70」で回ったリ・エスドアン・ソンジュ、そして「71」で回ったイ・ボミの韓国勢3選手。共に通算4アンダーとして、最終日に逆転を狙う。

中でも、この日(8月31日)が26回目の誕生日となるアンは、ラスト5ホールで2ボギーを叩くまでは首位を捉える勢い。「後半は雨が強くなってグリーンも重く、タッチが合わなくなってしまった」と、16番での3パットに悔しさを滲ませた。だが、先週の「CAT Ladies」では雨の中で優勝を飾り、今大会はディフェンディングチャンピオン。2週連続優勝と2連覇が掛かるアンには、どことなく余裕も漂う。

昨年も穴井を逆転して勝利したアンは、「詩(らら)さんも昨年強い印象が残っているけど、私もこのコースは強いですから」。そして、「最終組に入ると、逃げる気持ちが強くなってしまうから、逆にこっちの方が好き。1つ前の組でバンバン(バーディパットを)入れて、最終組が緊張するようにしたいですね」と、最終組の1組前に入ったのはむしろ好都合だと表情を緩ませた。自らの誕生祝いは、明日日曜日にとっておくつもりだ。(北海道苫小牧市/今岡涼太)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2013年 ニトリレディスゴルフトーナメント

GDO パーソナルサービス

GDO パーソナルサービス
選べるモバイルサービス。見たい時にいつでも見れる、GDOモバイルのニュース速報。石川遼オフィシャルモバイルサイト。GDOポイントが貯まる、ゴルファーのためのGDOカード。通常プレーすることができないゴルフ場が予約できるGDOプレミアム倶楽部。GDOが主催するレベル別の競技イベント、各コンペなど、あなたのゴルフライフをサポートとします。



特集SPECIAL

HIGHLIGHT 大堀裕次郎
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!5月のマンスリーゲストには大里桃子プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。