ニュース

国内、アメリカ、ヨーロッパの最新ゴルフニュースが満載!

おすすめデジタルスウィングチェック術

「週刊ゴルフダイジェスト」(3月5日号)より

今や多くの人が使用しているスマホやタブレット。最近では、スウィングチェック用のアプリも増えプロコーチやプロは、それを活用しているという。では、実際にそれらをどうやって使うといいのか、そのひとつのヒントを石井雄二コーチに聞いてみた。

* * *

<< 下に続く >>

プロのスウィングを見るとき、ボクが真っ先にチェックするのは、アドレスとフィニッシュの形です。

たとえば、軸が曲がっていたら、コマはきれいに回転しません。ゴルフのスウィングも同じで、アドレスの段階でエラーがないようにすることが大切なのです。

また、フィニッシュがビタッと決まっていれば、それはバランスよく振れたことを意味します。“正しいフィニッシュ”というゴール地点を設定し、そこを目指して振ることで、おのずとスウィングの中身もよくなってくるというわけです。

アマチュアの人はどうしても体の動きに気を取られがちですが、アドレスとフィニッシュはスウィングを映す鏡のようなもの。この2つが正しい形になっていれば、それはいい動きができた証拠なのです。

ですから、まずは自分のアドレスとフィニッシュを撮影し、正しい形ができているかチェックしてみてください。

【正面アドレス】
まずは全体的にバランスよく立てているかを見る。グリップは左股関節の前。右肩が左肩よりも低く、軸がわずか右に傾くのが正解。少しハンドファースト(ヘッドよりも手元が前に出ている)になるように。

【正面フィニッシュ】
フィニッシュをチェックするときは、左足の外側に垂直のラインを引くとわかりやすい。頭の位置がそのラインよりも内側や外側に寄りすぎるのはバランスが悪い証拠。左足に体重が乗り切った“I字型”が理想だ。

* * *

<< 下に続く >>

スマホやタブレットを手に入れたら、早速チェックしてみよう。

●解説/石井雄二コーチ
理論的でわかりやすく、熱心なレッスンが人気。現在、桒原えりか穴井詩を指導する。ETGA所属

おすすめ記事通知を受け取る

ゴルフ誌No.1の人気を誇る「週刊ゴルフダイジェスト」電子版が発売!
ゴルフ雑誌のパイオニアとして40年超の歴史を持つ「週刊ゴルフダイジェスト」。常に上達志向を持ったゴルファーに応えるクオリティの高いレッスン記事はもちろん、最先端のギア・ファッション情報、トーナメント詳報やトピックス、国内外のコースのプレー情報、さらには大河ストーリーで人気のあるコミックまで。ゴルフを基軸とする日々の暮らしに潤いを与える“趣味誌”です。書籍販売サイト「honto」の電子書籍コーナー、「マガストア」でお買い求めください。スマートフォンやタブレット、PCでもご覧いただけます。

関連リンク




今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!