2021/03/15

河本結が日体大を卒業 「有言実行」の4年間

プロゴルファー河本が15日、母校・日本体育大学を卒業した。2017年に同期となる黄金世代の選手たちがプロ転向するかたわら、河本はプロテスト受験をせずに大学進学を決意。在学中にプロツアー初優勝や、米…
2021/11/19大王製紙エリエールレディス

三ヶ島かなが「64」で首位浮上 3打差3位に原英莉花

ランク56位)は通算1アンダー50位で、薄氷を踏む予選通過となった。 2012年から賞金シードを守り続けてきた成田美寿々や地元愛媛出身の河本、安田祐香はカットラインに1打足りない通算イーブンパー59位で予選落ちを喫した。
2021/04/05ANAインスピレーション

21歳・タバタナキットが初Vでメジャー奪取 河本結28位

・コルツ・マドセン(デンマーク)、昨年米ツアーに出場しなかったフォン・シャンシャン(中国)が並んだ。 日本勢最上位は4アンダー28位の河本。笹生優花はイーブンパー50位、畑岡奈紗は4オーバー67位で終えた。
2021/11/04TOTOジャパンクラシック

小祝さくらが首位発進 渋野、笹生、稲見は6打差24位

、菅沼菜々とともに4アンダー4位で続いた。 勝みなみ、高橋彩華らが3アンダー8位。未勝利ながら賞金ランク5位につける西郷真央は原英莉花、河本、前週プレーオフ惜敗のペ・ソンウ(韓国)らと同じ2アンダー
2021/10/22マスターズGCレディース

ささきしょうこが首位キープ 渋野日向子は予選落ち

出遅れた渋野日向子は5バーディ、3ボギーの「70」で終え、通算4オーバーの65位で予選落ちを喫した。 前回大会覇者の柏原明日架は通算6オーバー82位。河本は国内ではプロ転向後ワーストの「80」をたたいて9オーバー94位に終わった。