最近のニュース 新着一覧≫


2019/03/21ザ・プレーヤーズ選手権

48歳フューリック、1分の即席レッスンでアームロックに開眼

のフルシード復帰を確実なものとした(昨年の125位は377点、フューリックは現在564点)。 好プレーを支えたのは「アームロックスタイル」のパッティングだ。これは、パターを左腕に固定してストロークする
2019/05/28GDOEYE

長尺パター3年目 24歳の松原大輔が手にするまで

◇国内男子◇関西オープンゴルフ選手権競技◇KOMAカントリークラブ(奈良県)◇7043yd(パー72) 長年パットに悩める中堅以降のゴルファーが、その打開策として手にするイメージが...
2019/03/14ザ・プレーヤーズ選手権

ウッズ パッティングの不振打開に年下の新コーチ?

が、TPCソーグラスでは月曜日から元気に練習を重ねている。 現地で話題になっているのは、今週からマット・キレンという若手インストラクターがウッズの低迷するパッティングの相談役になり、練習ラウンドや
2018/12/06

「ゴルフは平和の象徴だ」ZOZO前澤社長インタビュー

んです。良い戦いじゃないですか。でも何にビックリしたって、社長のパッティングですね。5mくらいのパットを2回くらい入れていた。『こりゃ、かなわねえや』と思いました。でも別の日に柳井正さん(ユニクロなど
2019/10/14スタンレーレディス

リボンは何でも知っている 河本結のこれまでとこれから

、そして思い切り悔やんだ。彼女には無意識のうちに人を魅了するチカラがある。 苦悩の時期 夏場。次第に笑顔が少なくなった。パッティングに悩み、ショートパットを決められなくなったという。両膝を折って悔し
2019/10/09佐藤信人の視点~勝者と敗者~

ウィークポイントは克服するべきか?見すごすべきか?

ます。バンカー越えや長いラフでない限り、ほとんどがパター。考えられる理由は2つ。ひとつはパッティングでの距離感が絶妙であること。もうひとつは、ウェッジでのアプローチが大の苦手ということです。 彼が日本
2019/08/27GDOEYE

勝利なき2シーズンの数字と手応え 松山英樹の7年目の期待

」。勝つためには1試合で何度か爆発的な数位がやはり求められるのが、現在の米ツアー。「あとはティショット(の精度)とパッティング」と課題は明確になった。 心理面においても、今季は遠ざかったタイトルとの距離
2019/10/10スタンレーレディス

河本結が米ツアー予選会へ 来季の出場権目指す

畑岡奈紗、元世界ランキング1位の朴仁妃(韓国)と同組になった。パッティングやアプローチに悩んだ時期と重なり「100yd以内が全然違う。難しいショットを簡単に寄せてくる」と力の差を感じた。 「なっさー
2019/10/15ザ・CJカップ

松山英樹は前年Vケプカと事前ラウンド 本戦でも同組に

が特徴的だ。「去年とコースの感じは変わらないし、(去年と)変えることは特にない」と、1年前と攻略プランに変更はない。「しっかりマネジメントをして、そこに打てるかが勝負だと思う。あとはパッティングが入れ
2019/09/08ゴルフ5レディス

「アホなんかなと思った」浅井咲希は惜敗2位

止まった。「狙いたい気持ちはあるけれど、ちょっとパンチが入るときの(パッティング)がよみがえるというか。それでちょっとやさしく押すような感じで打とうと思ったんですが、押せなかった」 朝から夏の暑さが
2019/10/04日本女子オープン

畑岡奈紗「パワーが出過ぎ」も目標達成へギアチェンジ

。ウェッジでの3打目で寄せてパーとし、「ドライバー(ショット)もパッティングもパワーが出過ぎました」と振り返った。 首位を守ったペ・ヒギョン(韓国)は通算12アンダーまでスコアを伸ばした。畑岡は優勝スコア
2019/10/05シュライナーズホスピタルforチルドレンオープン

気持ちをくじく33パット 松山英樹は35位浮上も重い息

」と即答した。 さらに、松山の気持ちをくじいたのはパッティングだ。「大きなミスパットはなかったけど、入らなかったら一緒」と、初日に続き33パットに終わり、パットのスコア貢献度は2日続けて-1.5
2019/10/18うどん県レディース

宮田成華とサイ・ペイインが首位発進/ステップアップツアー

、ボギーなしの「67」でプレー。5アンダーでサイ・ペイイン(台湾)と並んで首位発進を決めた。 「ショットは良かったけど、パッティングが全然良くない。寄ったところで、バーディが獲れただけ。いっぱいチャンスが
2019/05/15ヨーロピアンツアー公式

専門家が見るタイガー・ウッズによるメジャー2連勝の可能性

、目立たない存在でいるのは難しいことだが、ダスティン・ジョンソンは現在そのような状況になっているようだ。 ジョンソンは現在、PGAツアーにおけるパッティングのストローク・ゲインドでトップ5位に入っているが